« my own photo book | トップページ | 湯島天神へ »

2010.01.30

ボルゲーゼ美術館展

東京都美術館で開催されている「ボルゲーゼ美術館展」に行ってきました。

R0015729


前にイタリアのローマに行った時、ボルゲーゼ美術館に行ったかどうかの記憶が定かでなかったけど、館内を撮影した映像を見てたぶん行っていないと確信。

展示されている作品は50品にも満たないので、そんなに大規模ではないかも。けれども、ラファエロ、カラヴァッジョ、ベルニーニなど、見逃せない作品が展示されています。

もっとも気に入ったのは、ミケーレ・ディ・リドルフォ・ギルランダイオの「レダ」と「ルクレツィア」の相対する作品。「レダ」はゼウスが白鳥になって女性を誘惑する、という有名なギリシャ神話をテーマにした作品で、同様の絵は見たことがあるけれど、この作品ははじめて。

まず、描かれた女性が美しい。そして、髪飾りやペンダントをはじめとして、女性の装飾が美しい。さらに、白鳥のこの目つきが気になります。他の絵に描かれる白鳥はやさしい雰囲気なのだけど、この絵の白鳥はその女性を狙うゼウスそのもの。そんなことを考えながら、飽きずに見ていられる作品でした。

R0015718


さて、この東京都美術館、この展示が終わったら改修工事のために約2年間の休館になるのだそうです。ま、確かにクラシックではあります。

R0015725


2年後、どんなふうに改修されてお目見えするかを楽しみに待つこととしましょう。

|

« my own photo book | トップページ | 湯島天神へ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« my own photo book | トップページ | 湯島天神へ »