« クロワッサンを食べ比べ | トップページ | ショコラの季節 »

2009.11.10

デーヴ

原題:DAVE、1993年公開のアメリカの映画。

R0013621


私はこの映画が大好き。

大統領とそっくりの普通の男(デーヴ)が一夜限りの代役を引き受けたが、その夜に大統領が脳卒中で倒れてしまい(しかも浮気中に)、そのまま代役を続行することになった。はじめのうちは野心いっぱいに汚職に手を染めた側近たちの言うままに大統領を演じていたが、ホームレスの家を訪ねたことをきっかけに大統領夫人であるエレンの福祉への思いや現実を知り、ユーモアと優しさで政治改革に乗り出していく、というお話。

一番好きなのは、側近によって潰されたホームレスの家の予算を捻出するために、友人の力を借りて硬直した予算配分のシステムを変革していく(庶民のまっとうな考えを予算に適用するのだ)くだり。こんなに潔くて、頭が良くて、思いやりがあって、実行力がある、そんな政治家がいてくれたらと心から思う。代役なんて関係ない。

昨日、日本政府が2010年度予算編成に向けて各府省の事業の無駄を洗い出す、「事業仕分け」の対象を正式に決めたとのニュースが入ってきた。同会議のワーキンググループは、明日から公開で、約220件447事業の中から「事業仕分け」を始めるのだそうだ。映画のようにはいかなくても、まっとうな考えを持って是非とも進めてもらいたいもの。

映画のラスト、デーヴが議会で演説した中に、

「私は雇われの身だということを忘れていた
 しかも臨時雇いだ
 2億5千万人が、私を生活改善のために雇ったのだ
 なのに契約不履行
 思うに、大統領は国民のしもべだ
 我が身より国民が第一 ・・・」

という言葉がある。全ての政治家に聞いてもらいたいお言葉。

見終わって、心がほんわりと温まりハッピーな気分になれる映画。是非是非、見てほしい映画です。

映画の中で大統領役を演じたケヴィン・クラインは素晴らしかった。これに続いて出演した「フレンチキス」のフランス人役の彼は、「デーヴ」とは正反対の、胡散臭くて、むさ苦しくて、でも悪人にはなりきれない本当は優しい人。この2作品で、私はこの人が好きになったようなもの。最近は見ていないけれど、Wikipediaでコメディにも結構出演していることを知った。久しぶりにDVDを借りてみようかな。。。

|

« クロワッサンを食べ比べ | トップページ | ショコラの季節 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クロワッサンを食べ比べ | トップページ | ショコラの季節 »