« 印度カレーパン | トップページ | カーテンを選ぶ »

2009.08.26

夜のODAIBAデート

仕事でご一緒させてもらっている人に誘われて、夜のお台場に遊びに行った。家からは近いのに、お台場に行くのはとっても久しぶり。とてもワクワクして行った。

目的は、こちら。

Img_5882


涼しい夜のお台場散歩。すっかりお台場のシンボルになってしまった自由の女神さま。そして、レインボーブリッジと東京タワー。東京の湾岸の美しい光景だわ。お台場ほど夜の野外デートにピッタリくる場所はない。夜風がいい気持ち。。。

なーんて、ロマンチックではなくて、本当の目的は、、、

Img_5933


お台場ガンダム!

やっと行けた。誘ってくれたその人に感謝。

デカイという言葉がピッタリ。画像右下に警備員さんが立っているのだけど、彼はガンダムの足元にもおよばない。意味が違うか。でも、それと比較しても大きいことがわかる。18メートルの実寸大の迫力というものか。

夜のイベントは8時までなので、私たちが行った10時過ぎはライトが消えて闇夜のガンダムだった。にもかかわらず、ガンダム広場にはたくさんの人。100名は優に超えていたのではないだろうか。更に見に来るひとたちもいる。これだけの集客力を持つガンダムって、と彼と話が尽きなかった。

Img_5913


ガンダムの周りを回るように見て行くのだけど、不思議なことにどの角度から見ても立ち姿が美しい。足を踏み出しているように見えつつもちゃんと正面を向いて立っている。なんというか、ロボットらしい立ち姿といいますか。。。

一緒に行った彼が教えてくれたところによると、メイキングのムービーがあるのだそうで、それを見ると首の角度、足の開き方などなど、すべてにこだわりをもってこの立像が建てられたことがよくわかるらしい。

Img_5940


正面を通り過ぎて横から後ろに入っていくと、背中のジェット噴射というのだろうか、が見えてくる。かなり大きく作られていて、さぞ重いだろうと思ってしまう。

こうして見てみると、ほんとうにたくさんのパーツから作られていることが判る。彼が言うには、ガンダムに使われている色、白、赤、黄、青は、おもちゃ色というのだそうだ。そんな色でこんなロボットをロボットとして作ってしまったデザイナー、素晴らしい。

Img_5902


そして1周してまた後ろ姿に戻ってくる。後ろ姿もよくできている。

夜、しかもライトが消えていて撮影するにはかなり不利な状況。やっとなんとかブレ少なく撮ることができた画像。次は、昼間に行きたいな。8月31日までなので、残り時間少ないけれど、なんとか時間作って行きたいな。

一緒に行った彼は、この日のガンダムがリベンジだった。しかし、闇夜のガンダムでまたしても消化不良。次は、夜ライトが点いている時間帯に再びリベンジしに行くと言っていた。多忙な人だから行けるかどうか。。。

お誘いにのって行ってしまった夜にODAIBA。デートというには雰囲気に欠けたけど、でもきっと忘れられないデートだ。

|

« 印度カレーパン | トップページ | カーテンを選ぶ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 印度カレーパン | トップページ | カーテンを選ぶ »