« 八重山で、またお会いしましょう | トップページ | 夏はやっぱ海だね〜 »

2009.07.15

ラッシュ・ライフ

先日、伊坂幸太郎原作の映画「ラッシュ・ライフ」を観た。

4


ポイントは、なんと言っても伊坂幸太郎と堺雅人という組合せ。そして、オムニバスをどう繋げて進めるのかを楽しみにして行った。

ストーリーは、ほぼ原作通りに、「河原崎」、「黒澤」、「京子」、「豊田」の順番に進んで行く。原作を読んでいたので展開は分かっていた。誰かのストーリーの中に他の誰かのストーリーが交差している。映画の中では、バトンを渡す、という言葉で表していた。人の人生もそうなのかも。ひとりじゃない、って思える。

話は、1つの殺人事件(殺されたのは2人だが)がキーとなっているのだが、この展開が解りにくかった。これが解らないと十分に楽しめない。私は原作を読んでいたので理解できたが、読んでいなかった人、解ったのかな。これは映画を観た後で、友人と同じ感想。

堺雅人は、伊坂作品によく登場する愛すべき泥棒・黒澤役だったのだが、んー、私の中の黒澤のイメージと違った。私にとっての黒澤はもう少しクールなんだな。堺雅人の黒澤は、淡々としているところはそうなのだけれど、微妙に陽のキャラが入っている。かといって、決してNGというわけではない。堺さんらしさが出ていて、よかったんじゃないかと思う。

いちばんピッタリだったのは、「京子」の京子役の寺島しのぶ。年下の愛人と不倫中で、彼の奥さんを殺そうと企てるのだが、そのわがままぶりが、こういう女いる!と思えてしまうくらい名演だった。ラストは哀れだったのだけれども。。。

最後に、この映画、東京芸術大学大学院の学生さんが監督をやっている。だから、撮影時間は彼らの都合が優先される。堺雅人がインタビューで「終電の時間なので、今日はここまで」と撮影途中でもおしまいになったと話していた。彼にとっても衝撃的だったらしい。そりゃそうだ。。。

実はこの日、映画のハシゴをしていた。もう1本は、後ほど。

|

« 八重山で、またお会いしましょう | トップページ | 夏はやっぱ海だね〜 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八重山で、またお会いしましょう | トップページ | 夏はやっぱ海だね〜 »