« ラッシュ・ライフ | トップページ | Transformers: Revenge of the Fallen »

2009.07.16

夏はやっぱ海だね〜

この季節になると毎年この話題を書いているかもしれない。

4


「ビーチボーイズ」

反町隆史・竹野内豊初競演のドラマ。Wikipediaで調べてみると、放映が1997年7月7日からとあったので、12年も前の作品なんだ。。。それもそのはず、当時高校生だった広末涼子が、結婚して、出産して、離婚して、今ではすっかり大人の女優になっているのだもの。。。

Wikipediaに視聴率まであったので確認すると、平均視聴率23.7%。今のドラマの視聴率と比較するとかなり高い数字だが、月9で反町と竹野内競演であるにもかかわらず、当時の視聴率の中ではそんなに高いものではなかったと記憶している。

「ビーチボーイズ」の反町くん海に出会うのシーン、していた腕時計を海に投げ捨て、”夏はやっぱ海だね〜”。夏→海、という単純思考回路がいかにも広海(反町)っぽくてよかったんだな。6月に終了した「BOSS」、反町くんがはじめて登場するシーンの海と潮騒の音が、「ビーチボーイズ」とだぶった。「BOSS」は久しぶりの竹野内、反町競演だったので、オープニングシーンにはそんな制作の意図のあったのかもしれない。

民宿ダイヤモンドヘッドを舞台にしたひと夏のお話。実際の場所は布良海岸。この話も何度か書いているが、当時ロケを見に行き、適度な広さでプライベートビーチを思わせる砂浜で、いい場所と思った。今は一体どうなっているのだろう。。。

このドラマ、出てくる人たちがみんなさっぱりしていて気持ちよかった。特に大人の女子。酸いも辛いも経験済みのスナック渚の春子さん(稲森いずみ)、海都の恋人・桜(秋本祐希)、広海の元彼女・富士子(辻香緒里)。みんな、芯が強い、さっぱりしているなど、女の私から見ても、非常に好感が持てた。みんな日本を思わせる名前だな、とオンエア当時から思っていた。

さてさて、「ビーチボーイズ」は、今日はじまったばかり。これからしばらく、ドラマで気持ちよくなることにしよう。既に夏休みを取った後なのに、また海に行きたくなるかもしれない。それよりもっと、私もリセットしたいと思い始めるかも。。。

サントラもいい。iPodTouchに入れて聴き始めよう。

このドラマ、DVD化されていない。しっかり録画も忘れずに。

|

« ラッシュ・ライフ | トップページ | Transformers: Revenge of the Fallen »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラッシュ・ライフ | トップページ | Transformers: Revenge of the Fallen »