« 西表島、遊びのあとで | トップページ | 西表島、やり残した宿題(後編) »

2009.07.11

西表島、やり残した宿題(前編)

旅も後半になり4日目、西表島ステイ3日目。そしてこの日は、昨年の旅でやり残した宿題を果たす日。一年前からこの日を楽しみにしていた。

宿題とは、國井健二さんが主催するMellemau RESORT(メラマウリゾート)のメラマウ・ビーチ・ツアー。 一日一組限定のボートを貸切り、西表島を思いのままに過ごすプライベートツアー。費用はそれなりにかかるけれど、日本でこんなツアーに出会ったことがないし、希望を聞いてアレンジしてくれるということで、それだけの価値はあると思い、西表島行きを決めた時に申し込んでおいたのだった。いわば、この旅のメインイベント。

Img_5069


2日目のマヤグスクリゾートの朝ごはんは和食。朝がゆが美味しい。今年はアーサーではなくてワカメのおかゆ。美味しくておかわり。デザートにはマチェドニア。しっかり食べて、さて、宿題をしにいこう。

Img_5297
Img_5292 Img_5298


Mellemau RESORTの車がマヤグスクリゾートまでお迎え。車の車種は忘れたけれど、ガタイが大きいアメ車。中も広くて居心地がよい。船長さんの奥様が運転手。かわいらしい方。8月には第一子誕生とのこと。

Img_5288


車は租内の港へ。港では、このボートと精悍に日焼けした若い船長さん(國井さん)が出迎えてくれた。一日、このボートと船長さんが、西表島の水先案内人。

Img_5086


ボートは港を離れ、西表島の海を疾走する。強い風を受けて気持ちがいい。梅雨が明けた西表島の上には、夏!という感じの真っ青な空と雲が広がっている。

走らせる途中で、船長さんが西表島の説明をしてくれた。裸で過ごすおじいがいる島、横から見るとゴリラに似ていてゴリラ岩と呼ばれる崖。

Img_5094


海の色と深さは比例する。真っ青な海上を走り、間もなくエメラルドグリーンの海域に出た。透明度が高くて海底が見えるよう。キラキラしていて本当にキレイだ。

Img_5096


水着に着替え、ここでシュノーケル。船長さんが前を行き、海中でも書けるボードで出会った魚の名前を教えてくれる。真っ黒のビロードのような手触りのナマコを触らせてくれたりもした。

Img_5112


サンゴの家にはたくさんの魚が住んでいる。ちゃんとテリトリーを持って、集団で暮らしている。私たちが邪魔をして編隊を壊しても、ちゃんと元通りになる。面白い。

食べられそうな魚、目で愛でるだけの魚。そのどちらも青、赤、黄色、、、鮮やかな色。

Img_5114


國井さん。さてさて、何を探しているのでしょうか?答えはこの後編にて。

Img_5113_2


それから二本目のシュノーケルスポットにボートで移動。網取という、西表島では有名なダイビングスポット。再び準備をして潜ると海水温が少し低い。

Img_5127


海中を覗くと、眼下にはテーブルサンゴが広がっていた。なんて美しいのだろう。。。この美しさはどんな言葉を使っても伝えられないと思う。潜ってみないとわからない。

そしてそして、ここでウミガメに出会った。海の中をゆうゆうと泳ぐカメを見ると、のろまなカメなんて言葉は無縁。少しでもウミガメに近づきたくて頑張って泳いだけれど、追いつかない。負けました、ウミガメさん。

Img_5131


ウミガメを見送った後で、ふたたびテーブルサンゴに戻り、色とりどりの魚たちを眺める。見飽きない。ずっと見ていたいと何度思ったことか。。。

Img_5138


海からボートに上がり、次の場所へ。次はどこに向かうのか、、、お楽しみに。

|

« 西表島、遊びのあとで | トップページ | 西表島、やり残した宿題(後編) »

八重山の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/45597965

この記事へのトラックバック一覧です: 西表島、やり残した宿題(前編):

« 西表島、遊びのあとで | トップページ | 西表島、やり残した宿題(後編) »