« 楽園から | トップページ | 竹富島散歩 »

2009.07.03

ハイサイ、八重山

今年も行ってまいりました、八重山の旅。

旅立ちの日を迎えても梅雨が明けず、天気予報も曇りや雨で、気をもみながらの出発。しかし、羽田から石垣島の直行便で約3時間ちょっと。到着した石垣空港で、私の懸念は杞憂となった。

石垣島は快晴!そしてこのお天気は、旅中ずっと続いたのだ。

Img_3862


石垣空港に降り立つと焼け付くような陽射しと風。あー、帰ってきたという気分でいると、轟音とともにANAの飛行機が青空に飛び立って行った。

R0012045


先に石垣入りをしていた友人を「PUFF PUFF」で待つ。昨年の八重山の旅は、この場所で終わった。そして、今年の旅はここからはじまる。

Img_3884


冷たいドリンクを飲み、キラキラと輝く水平線を眺めながら友人の到着を待つ。海からの風が通り抜け全く暑くなく、むしろ爽やかで気持ちがよい。波の音を聴いて、海を眺めて、この退屈な時間がとても豊かでとても贅沢に思えた。

しばらくして友人が到着。そして、この日の目的地、竹富島に向かった。

Img_3915


昨年の旅では、竹富島は日帰り。だから、竹富に泊まるのは4年ぶりくらいだろうか。

宿泊先は、「ヴィラたけとみ」。独立したコテージタイプのお部屋になっている。私たちが宿泊したのは、和室の居間と洋室のベッドルームの2部屋からなるスイートルーム。いぐさのにおいが気持ちよく、荷物を置いてごろんとなる。たたみの部屋はらくちんだ。

ヤシの木の葉が風に揺れている。コテージの庭には、星見にちょうどよいデッキチェアが置かれている。過ごし良さそうな宿だ。

R0012059 R0012061
R0012064 R0012074
Img_4099 R0012084


やはり泊まりはいい。時間を気にせずに島を楽しめる。

さぁ、島時間のはじまりです。

続く。

|

« 楽園から | トップページ | 竹富島散歩 »

八重山の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/45528005

この記事へのトラックバック一覧です: ハイサイ、八重山:

« 楽園から | トップページ | 竹富島散歩 »