« ヒートテックを大人買い | トップページ | 御茶ノ水レトロ »

2009.07.29

"So Long" ならいいのに

昨日、歌手の川村カオリさんが亡くなった。

乳がんで、ずっと闘病しながら活動を続けていたそうだ。享年38歳。あまりにも若過ぎる。

昨日に彼女のブログを見た時は400くらいのコメントだったのに、先ほど見たら8000を超えていた。

私が彼女を知ったのは、もうずーっと前、竹野内くんが初主演したドラマ「WITH LOVE」だった。ドラマの中で、彼女は竹野内くん演じる作曲家・長谷川天(たかし)の昔の恋人・リナ役。設定は、バンドのヴォーカルだった。

"So Long"と書かれたてるてる坊主を残して、ある日突然消えてしまったリナ。天に恋愛のトラウマとなるような傷を残したリナ。奔放で危うい。ドラマの役柄が彼女のイメージと重なっていた。

R0012232


急に彼女の歌が聴きたくなり、「WITH LOVE」のオリジナルサントラを引っ張りだして聴いている。ハスキーボイスでちょっと哀しげに、心にズシンとくる骨太の歌を歌う人だった。特に彼女の活動を見守っていたわけではないけれど、ドラマの印象が強烈で、ずっと覚えていた。


彼女が壮絶な感動と言ってブログに載せた詩がある。

ラビンドラナート・タゴール『果物採集』より 石川拓治訳
----------------------------------------------------------------
危険から守り給えと祈るのではなく、
危険と勇敢に立ち向かえますように。

痛みが鎮まることを乞うのではなく、
痛みに打ち克つ心を乞えますように。

人生という戦場で味方をさがすのではなく、
自分自身の力を見いだせますように。

不安と怖れの下で救済を切望するのではなく、
自由を勝ち取るために耐える心を願えますように。

成功のなかにのみあなたの恵みを感じるような
卑怯者ではなく、失意のときにこそ、
あなたの御手に握られていることに気づけますように。
-----------------------------------------------------------------

一体、どんな気持ちで彼女はこの詩を読んだのだろう。

今度の別れは、"So Long" じゃない、本当のお別れ。

ご冥福をお祈りします。

|

« ヒートテックを大人買い | トップページ | 御茶ノ水レトロ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒートテックを大人買い | トップページ | 御茶ノ水レトロ »