« 西表島、朝の散歩 | トップページ | 西表島、遊びのあとで »

2009.07.09

西表島、密かな散歩道

島の遊び方はたくさんある。西表島2日目は何も予定していない一日だったのに、結果的には忘れたがたく大切な思い出の一日となったのだった。

それは、友人が昨年偶然にたどりついた海の話からはじまった。宿の方と話をしていて、点と点がつながり、そして壮大なお散歩コースとなったのだった(意味不明につき、申し訳ございません)。

大切にしておきたい場所だから詳しく書けないけれど、これも西表島だ、という厳しくも素敵なお散歩道だったので画像中心に書いておきたい。

Img_4726


スタート地点は、星砂の浜。竹富島で一緒になった写真家さんから、「西表島の星砂の浜は、シュノーケルで美しい魚が見られる」との情報を得て、竹富島滞在中から行こうと決めていた。午前11時、満潮時を見計らい、高台にあるペンション星の砂のダイビングショップでシュノーケルセット一式を借りて、シュノーケルスタート。

ビーチエントリーで海に入ると、海水はお湯状態。ぽかぽか温かく気持ちがよい。浅瀬は足湯のようだ。こんなところで泳いでいる魚たちが湯だってしまわないか、心配になるほど。

どんな魚がどこにいるか地図で教えてもらい潜ったのだが、指された場所にイソギンチャクとカクレクマノミはいなかった。頑張って探したけれど見つからずにがっかり。。。でも、他にブルーやイエローなどのいかにも熱帯な魚を見て、とりあえずは満足。

Img_4776


正午過ぎに海から上がり、先のペンションに併設されたレストランでお昼ごはんを食べた。レストランの前のテラスから見る星砂の浜は、確かに石垣島の川平湾に似ていた。

Img_4753 Img_4764
Img_4769 Img_4774


お昼ごはんはソーキそばとゴーヤスカッシュ。ゴーヤは青汁っぽいものを想像したのだけど、飲んでみるとゴーヤのにがさや青臭さはほとんとなく、さっぱりと飲むことができた。デザートには、ブルーシールの紅イモのアイスクリームを。

Img_4809


そして炎天下、私たちのお散歩がスタート。

Img_4931


散歩コースからは、遠くに鳩間島が見える。最近、最後の小学生と中学生が石垣島に転校したため、鳩間島の小中学校は在籍数がゼロになり、学校は休校になってしまったらしい。

ドラマ「瑠璃の島」で見ていた島は近くに見えるのに、なかなか行くことができない。鳩間島訪問、いつかは実現させたい。

Img_4850


お散歩コースの途中には、こんなキツそうな岩陰もある。無理かなとも思ったけれど、そうしたゴロゴロとした岩の上を歩く私がいた。まだまだやれると思い、自信が持てたわ。

Img_4843


岩に生える葉影から鳩間島を臨む。なんかね、ワクワクする。

Img_4865


ゴツゴツした岩たちを越えると、また静かな青い海が広がる。水が澄んでいて本当にキレイ。

Img_4876


歩き疲れて、浜辺の低木の木陰で一息。座って海を見ているだけで何も考えない。贅沢な時間だな。。。

Img_4946


散歩道の途中には、散歩道に合流するけもの道のような細い道がいくつかある。この道を見つけられた人はラッキーな人。

Img_4928


だって、草木をかき分けたその先には、こんな美しい海と砂浜が広がっているのだから。昨年、その道を見つけた友人はとてもラッキーな人。彼女がこの道を見つけなければ、今年、私はここを散歩してはいなかった。

月が浜のように有名ではないけれど、本当に美しい海。だから、申し訳ないのだけれど、どこかは明かさずに、秘密にしておきたい。

Img_4823


けれど、残念なことに所々こうしたゴミが漂着している場所がある。表記は中国語、これは上海とあった。中国大陸から海を漂いここに流れ着いたのだろう。西表島の人たちは、ビーチクリーンという活動をとおして海の美観を守ろうとしているのだが、外からゴミがきてしまう。地球は小さくなったということなのだろうか。本当に残念。

まだまだ続く。

|

« 西表島、朝の散歩 | トップページ | 西表島、遊びのあとで »

八重山の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/45567822

この記事へのトラックバック一覧です: 西表島、密かな散歩道:

« 西表島、朝の散歩 | トップページ | 西表島、遊びのあとで »