« 丸の内ランチ | トップページ | 紫陽花の頃 »

2009.06.05

少し優雅なお昼時間

ちょうどお昼前に顧客先の打合せが終わったので、お昼を食べてから事務所に戻ることにした。

この日のお昼は、銀座のリプトンティーハウス。前々から行ってみたいと思っていた。

Img_3252


中に入ると、量り売り用の茶葉が入った容器が並んだ棚。そしてスイーツ類が並ぶショーケース。濃い木目調の内装が落ち着ける店内。カジュアルなティールームという感じ。

いくつかあるランチメニュー中で、私は限定の季節のランチ、同僚はカジュアルランチをオーダー。両方とも前菜および紅茶が付く(季節のランチはカップサービス、カジュアルランチはポットサービス)。

Img_3256 Img_3261
Img_3264 Img_3267


 前菜:メロンのガスパチョ
 プレート:白身魚のグリル、たっぷり野菜添え(季節のランチ)
 プレート:蟹とサーモンのパテ入りのバンズ、サラダ添え(カジュアルランチ)
 ドリンク:ミルクティ

メインディッシュは、勿論美味しく、見た目にも美しかったのだが、印象に残ったのは、前菜のメロンのガスパチョと、メインディッシュのお皿。

メロンのガスパチョは、冷たいメロンのスープ。細く切った生ハムがちょこんと浮かんでいる。テーブルに運ばれるとメロンの甘く爽やかな匂いが広がる。隠し味のフルーツビネガーとフルーツ系の軽いオイルがすごく合う。生ハムを口に含んでメロンスープを飲むと、塩気とメロンの甘いジュースのマリアージュが、食欲を増進させる。ちゃんとレシピを聞いておけばよかったな。

もうひとつ。メインディッシュの大きなガラスのプレートが今の季節のイメージ。お料理って、お皿ひとつで美味しいものが、より美味しく見えるのだな、と強く思った。

そしておまけ。同僚のプレートに乗っていたバンズが小振りでかわいらしいサイズ。他にフレンチフライやパンも付いているので、その大きさなのだろう。

忙しいからこそ、仕事の合間に少しだけ優雅なお昼時間を。

そして、次は是非にアフタヌーンティーをしたいものだ。

|

« 丸の内ランチ | トップページ | 紫陽花の頃 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/45246752

この記事へのトラックバック一覧です: 少し優雅なお昼時間:

« 丸の内ランチ | トップページ | 紫陽花の頃 »