« Rose of May | トップページ | ナプレでピッツァを »

2009.05.23

Story of ...

Img_3084


東京国立博物館に、

 Story of... カルティエ クリエイションーめぐり逢う美の記憶

を観に行ってきた。5月31日までの開催なので、ギリギリ。土曜日の午前中、混んでいるかと思ったらそうでもなく、適度なスペースを保ちつつゆっくりと観ることができた。

カルティエのジュエリーメゾンとしての歴史の中で作られたジュエリーを、タイトルの通り物語仕立てで展開している。入り口からダイヤモンドがふんだんに使われたティアラやネックレス、ブローチなどが展示され、その美しさにため息をつくしかない。

マハラジャとの出会いで生まれた胸全体を覆うばかりのネックレス(今回展示のカタログ表紙)。

「王冠をかけた恋」のウィンザー公爵夫妻。公爵夫人が好んだパンサー、それをモチーフとしたパンテールシリーズ。

グレース・ケリーが婚儀で着けたブリリアント/バゲットカットダイヤモンド(計64カラット)のネックレス、そして、エンゲージメントリング。

エジプト、東洋、極東との出会いで生まれた、翡翠や白翡翠、マザーオブパール、ターコイズなどを使ったブローチやブレスレット、ネックレス。ヴァニティーケース、シガレットケースもゴージャスだった。

全ての宝石が、それぞれに生まれたストーリーを持っている。

R0011584


もっと知りたくて、もっとそれらの作品を見たくて、だからカタログを買った。3200円。厚さ2センチちかく、重い。。。全てカラーで宝石の写真と説明付き。おおいに読み甲斐あり。カタログというよりも、宝石の美術書だ。

Img_3082 Img_3081


そして、このカルティエの展示は、表慶館で行われているのだが、ここで展示を見るのははじめて。入り口のモザイクとドームは撮っていいそうなので撮ってみた。明治末期の洋風建築とのことで、クラシックな雰囲気が今回のカルティエの宝石とよく合っていた。

見終わる頃にはため息もつきすぎて、美しいダイヤモンドのティアラやネックレスにも目が慣れて、ただただ気分上々。時々はこうした美しいものを見て、自分の中に美の栄養を与えてあげよう。

|

« Rose of May | トップページ | ナプレでピッツァを »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/45104316

この記事へのトラックバック一覧です: Story of ...:

« Rose of May | トップページ | ナプレでピッツァを »