« 苦手意識の克服 | トップページ | マロンペーストの活用法 »

2009.05.11

渋谷で台湾料理

女子以外の知人と食事に行くと、普段は行かない店に行けるから面白い。

早い夕方のホテルバー、新橋の寿司屋やシェリーバー、そして神田のワインバーも立ち飲み屋も、全て年上の男性の連れて行ってもらった。神田の立ち飲み屋では、缶詰とウイスキーという衝撃的な組み合わせ、こんな所絶対行かない。そして、寿司屋とワインバーは、彼らよりも私のほうが行っているのではと思うくらいに親しくなってしまった。

そして、この渋谷の台湾料理店「麗郷」も、そんな男性に連れて行ってもらった。Webで見ると、渋谷では有名なお店らしい。店内に入ると、お店の中は老若男女、賑やか。厨房と客席を隔てていくつも吊るされた大きな腸詰めに、アジアを感じる。

Shibuya1_2 Shibuya2_2
Shibuya3_2 Shibuya4_2

お店の名物、腸詰め、枝豆と高菜の炒め物を頼み、そして、水餃子、焼きそばなども。ひとつ残念だったのは、焼ビーフンを頼まなかったこと。どうやら、おすすめらしい。確かに、円卓で相席になった2組とも頼んでいた。次に行く機会があれば、是非頼んでみたい。が、場所は渋谷。連れて行かれなければ、きっと2度と行くことはないだろうな・・・。

台湾料理のお店は、ずっと前に新橋で、やはり年上の男性に連れて行ってもらった。特にNGというわけではなかったけれど、なんというか、、、先に書いたアジア的雰囲気になじめなかったところがあった。今回は、お店が広かくカジュアルだったこともあり、苦手意識は感じなかった。時にはこうした、ワイガヤ的なお店でパワーをもらうのもよいな、と思った。

|

« 苦手意識の克服 | トップページ | マロンペーストの活用法 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

こういうガヤガヤしたお店私も大好きです。
女性同士だけではなかなかこういうお店
セレクトしないけれど、男性が連れて行ってくれる
お店って美味しいお店多いですよね~
お腹がすいてきちゃいました♪

投稿: maitanco | 2009.05.13 18:48

maitancoさん

> セレクトしないけれど、男性が連れて行ってくれる
> お店って美味しいお店多いですよね~

女子だと、どうしても高級とか洗練された、という店を
選んでしまうのですが、
男性が、昔から行っているという馴染みのお店は、
お店の人との近さ、安心できるお味が、記憶に残ります。

投稿: moonshiner | 2009.05.16 20:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/43347104

この記事へのトラックバック一覧です: 渋谷で台湾料理:

« 苦手意識の克服 | トップページ | マロンペーストの活用法 »