« 渋谷で台湾料理 | トップページ | 辛い状態。。。 »

2009.05.12

マロンペーストの活用法

先日ブログに書いた CHOCOLATIER CHAPON のプラリネペースト。1瓶目を順調に消費中。しかし、パリのお土産の中には、その使い道に困っているものもある。

R0011556


こちら。ル・グラン・マルシェで見つけたマロンペースト。日本ではリーズナブルに購入できないと知り、重いにもかかわらず、お菓子作りが好きな友人にあげようかと軽い気持ちで買ってみた。しかし、彼女になかなか会えず、まだ私の手元にある。それで、自分でなんとかしようと思っているのだが、、、見た通り、量があるのだ。

500グラム。今食べているプラリネペーストの5倍の量。お菓子を作らない私には、せいぜいパンに塗るとかアイスクリームに添えるくらいしか活用先が思い浮かばない。ここで頑張ってモンブラン作りにトライ!とかすればよいのだが、そんなに簡単にできるものではないし。。。

R0011557


購入後に知ったのだけど、このサイズだけではなく、チューブ入りやマロングラッセそのものも売っていたらしい。

この缶自身、ル・グラン・マルシェでやっと見つけた。他に、このクリ坊のシリーズは無かったと記憶しているのだが。。。

賞味期限を見ると、2014年まで大丈夫とある。まだまだ時間はありそうだからいろいろ考えてみよう。まずは、Google先生に聞いてみた。

なーんだ、モンブラン作れるわと思わせてくれたサイトがある。冷凍のマカロンシェルなるものを買ってくれば、それを土台にしてモンブランが作れてしまう。ということは、マロンのマカロンも作れてしまうということね。素晴らしい!

料理のレシビをGoogle先生に尋ねたことはあまりない。こうして、自分の得意分野ではないこと、アイデアを探したい時には、ネットは本当に役に立つ。Yahoo知恵袋をこの時ほど重宝したことはない。集合知の有り難味を実感した。

ヨーグルトに添えたり、牛乳に混ぜてマロンミルクにしたり。全て甘そうなレシピだけど、なんとか全て食べられそうな気がしてきた。上手にできたらブログにもアップしようかと思っています。

|

« 渋谷で台湾料理 | トップページ | 辛い状態。。。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/44903674

この記事へのトラックバック一覧です: マロンペーストの活用法:

« 渋谷で台湾料理 | トップページ | 辛い状態。。。 »