« アニヤのバッグ | トップページ | 宵桜にうつつを忘れて »

2009.04.02

春はあけぼの

隔週で通院していて、本日は午前中お休み。通院の前に、千鳥ケ淵の桜を見に行ってきた。

早朝の千鳥ケ淵遊歩道は通勤する人だけでひっそり。立ち止まってじっくり、そして桜を見ながらゆっくりと歩くことができた。

九段下から地上に上がると、日本武道館前の桜が出迎えてくれた。が、、、満開ではない。7分咲きというところか。今年は満開になるまで時間かかっている。そのおかげで長く桜が見られるけど。。。

ほぼ一年ぶりの千鳥ケ淵は、歩道が整備され、道幅も広く、明るく見通しよくなっていた。が、あの暗い雰囲気も好きだったので、あまりにもあっけらかんとして、なんだか落ち着かない。

Img_1728_2


やはり、千鳥ケ淵の桜は素晴らしいと思う。千鳥ケ淵遊歩道から見た、北の丸公園にかかるピンク色の曇のよう桜。複雑な色合いが本当に美しい。東山画伯がこんな絵を描いていたような気がする。

Img_1770


レトロなボートハウスがリニューアルされ、その上に展望の場所ができていた。電線も他の木々もなく、千鳥ケ淵が見渡せる。そこから見た早朝の桜は、朝の陽に染まっていた。

Img_1822


ここは満開になると桜のドームができるのだが、満開前のためまだドームになっていない。空が透けて見えて少し残念。

Img_1832


それでも、水面に向かって枝を伸ばし、たわわな花を咲かせる木もある。それが風に揺れる様子がまたいいんだな。散り際ならば、揺れる度に花びらが散って、風情あるいかにも日本的風景。

Img_1700


晴れ間、曇り、同じ桜でも全く違う色で印象も変わる。今朝は、曇り、晴れと天気が変わったから、遊歩道を往復して桜を見た。

Img_1658


千鳥ケ淵のいいところは、自分の目の高さで桜が見られること。だから自然とマクロモードが多くなる。

Img_1661


今朝は非常に風が強く、手振れ防止機能が付いたデジカメで撮っても、ボヤケている画像が多くがっかり。日曜日に雨が降るということだから、チャンスは土曜日まで。今年もう一度、ここに来ることができるだろうか。

|

« アニヤのバッグ | トップページ | 宵桜にうつつを忘れて »

さくら」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、TBありがとう。
いい感じで咲いてきましたね。今週末には満開になることでしょう?!

>東山画伯がこんな絵を描いていたような気がする。
ホント、現代版の浮世絵に登場するようなロケーション。
どこを撮っても絵はがき状態です。

そうそう、昭和館のベンチに座ってながめる光景もいいよね。
お花見ランチにもぴったりで(笑)

さぁ~、今年の桜!綺麗なうちにいっぱい見に行きましょう。

年度始めは、いろいろと世話しないため体調にもお気をつけください。

投稿: 下町ウォーカー | 2009.04.03 08:27

こんばんは。
体調が良くないのですか?
季節の変わり目ですし大事にしてください。

桜、今年は開花から長かったですね~
やっと暖かくなってきたので今週末見頃でしょうか。
それにしても写真が綺麗に撮れてますね!
しかもいつも早起き!頭が下がります・・・。

投稿: st | 2009.04.03 20:55

下町ウォーカーさん

やっと千鳥ケ淵に行くことができました。
やはり、ここの桜は日本が誇る桜です。
翌日は夜桜も見て、今年の自分への約束が果たせました。

>さぁ~、今年の桜!綺麗なうちにいっぱい見に行きましょう。

はい!

投稿: moonshiner | 2009.04.04 17:17

stさん

特に体調が悪いというわけではないので、ご心配なく。

> しかもいつも早起き!頭が下がります・・・。

静かに落ち着いた気持ちで桜を見るには、人気ない早朝が一番。
特にこの時期は、早起きは三文の得なのです。
ちょっと寝不足気味ですが。。。(笑)

投稿: moonshiner | 2009.04.04 17:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/44546843

この記事へのトラックバック一覧です: 春はあけぼの:

» 御苑の花々 [富久亭日乗]
 昨日は快晴。 午前中は肌寒かったものの、 新宿御苑は多くの人でにぎわった。 桜は種類や場所によって花の開き具合が異なっていたが、 全体とすれば4分咲きぐらいか。 下の池岸のシダレザクラは見ごろ。 ハナモモも咲き誇っていた。 1本の木から白、桃色、紅色と異なる色の 花が咲く「源平」という品種だそうだ。 ラッパスイセンも、鮮やかな黄色の花をつけていた。... [続きを読む]

受信: 2009.04.03 07:10

« アニヤのバッグ | トップページ | 宵桜にうつつを忘れて »