« X'mas@Tokyo Tower | トップページ | X'mas@Shiodome »

2008.12.02

謝恩会の夜

こうした悪しき習慣は取りやめにしたいと思いつつ、性格なのでしょう、せっかくだから皆さんには楽しんでもらいたいとの想いで、頑張ってしまいました。

あることがありまして、お世話になった上司の方々にお礼をする会がありました。会社の近くではなく、お洒落な場所をとの意向で、いろいろ考えて、ただ雑誌で見たお洒落そうなお店ではなく、自信を持って薦められるお店を検討した結果、お気に入りの銀座のビストロ、マリージェンヌに決めました。

予算と人数を伝え、お店の方と相談しながら、お料理とワインの方向性を決めていく。今が旬の食材の提案に、私のお願いは、「おっ、と言わせるようなお料理を」。そのお料理に合うワインもセレクトしてもらいました。

Collage2

お料理は以下の4品。プラス、デザート。ただし、お料理の名前はうろ覚えにつき間違いはご容赦を。

○前菜2種
 ・北海道厚岸産の牡蠣のジュレ
 ・豚の血入りのパテと白さつまいものペースト
○メインディッシュ2種
 ・鱈のグリル、白子のグリル添え
 ・羊のスネ肉のデミグラスソース煮込み
○デザート2種(1品チョイス)
 ・塩キャラメルのアイスとムース
 ・洋梨コンポート(赤ワインソース)

前菜の牡蠣のジュレが美味しかった。ジュレと牡蠣のペーストの2層、そこに牡蠣が2個。ジュレにはすりおろしの柚子が入っており、とてもさわやかなお味でございました。

また、白さつまいもにはリンゴの隠し味あり、こうした野生系のお料理に果物のソースは合いますね。

鱈のグリルは少し塩がキツかったかもしれません。そして、羊のスネ肉の頃にはかなりお腹いっぱい。ある方曰く、ここまで煮込まれていると赤身の魚を食べているようだ。確かにその通り。

Collage3_4

当初はデザートではなくチーズをお願いしていたのですが、メインディッシュを食べ終えた時点でお腹いっぱい。この状態でチーズは無理と急遽デザートに変更していただいたのですが、それにも快く対応していただいて、本当に助かりました。

洋梨、いや、ただの梨だったかもしれませんが、これが美味しい。私はコンポートをいただいたのですが、お味見した塩キャラメルのアイスもコクありで締めくくりにはよかったですね。

Collage1

そして、ワインは以下の通り。全て、お料理に合わせてセレクトしてもらいました。

○食前酒〜乾杯!
 ・Paul Chollet, Crémant de Bourgogne, NV
○前菜
 ・Denis Pommier Petit Chablis(2003)
 ・Edmunds St. John Rocks and Gravel(2001)
○メイン
 ・La Pietraia Chardonnay, Cefalicchio, Puglia, Italy(2005)
 ・château Toupille (2003)

シャブリは、なんとなく牡蠣の味がしたような。。。そして、鱈のグリルに合わせたシャルドネがとても好みのお味でした。この夜は、白ワインが私にとってはヒットでした。

会社の近くで飲む時には、ワーワーうるさい方々も、銀座、更にはビストロということで、TPOをわきまえた飲みをしていただいて、大人の会となって良かったです。食事もワインも美味しいと言っていただけたこと、このお店にしてよかった。人に自信をもって紹介できるお店を知っていること、お仕事する女子のたしなみかもしれない、と思いました。

ま、これで、お約束は済んだということで、あとは軽〜く行きたいなと思ってます。

|

« X'mas@Tokyo Tower | トップページ | X'mas@Shiodome »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

銀座のビストロ、マリージェンヌ
素敵なレストラン お料理 素晴らしいですね
会社のお偉いさんも喜んで

投稿: ryuji_s1 | 2008.12.03 10:05

ryuji_s1さん

こんばんは。
今シェフさんが一人なので、はじめのお料理が出てくるまで
若干時間がかかるのが難点ではありますが、
旬の食材をうまく使って、美味しいお料理が食べられます。
機会があったら、是非どうぞ。

投稿: moonshiner | 2008.12.04 00:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/43302491

この記事へのトラックバック一覧です: 謝恩会の夜:

« X'mas@Tokyo Tower | トップページ | X'mas@Shiodome »