« X'mas@天神 in 福岡 | トップページ | 六本木でパリ気分 »

2008.12.21

気分はオーラス

Img_8100_2

今年も、日本フィルの「第9交響曲」特別演奏会に行ってきました。指揮はもちろん、”炎のコバケン”こと小林研一郎。場所は、サントリーホールです。

席は前から4番目、故に、演奏も合唱もかなりの迫力。マエストロの表情までちゃんと見えました。

【プログラム】

 ○ギルマン:ヘンデルの主題によるパラフレーズ

 ○バーバー:コーラルプレリュード《きよしこの夜》

 ○ウィドール:オルガン交響曲第5番より《トッカータ》

  以上、パイプオルガン

 ○ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調《合唱》

いつもどおり勝山雅世さんのパイプオルガンでスタート。3曲目のウィドールははじめて。楽しくて好きになりました。なんでも、欧米では結婚式にも演奏されるとか。うん、確かに、華やいでしあわせな気分になります。

さて、今年の第九。今年の第九は、演奏、合唱ともにバランスがとれており、ここ数年の中では一番ではなかったかと思います。演奏はよかったけど合唱がとか、その逆だったりという年があったのです。しかし、今年は演奏はコバケンさんの指揮にピタリとはまり、合唱も重々しくも華やかで、そして迫力があって。

だから、第四楽章が終わりに近づくにつれて気分が高揚して、終わったときには満足感で満たされて、そして、ジーンとして、自然に涙が。。。一緒の友人もうるっときていたみたいだし、前に座っていた人もハンカチで目を押さえたような仕草。みんなそうだったのかな。拍手が鳴り止みませんでした。

そして、サントリーホールの音響はよいですね。この第九特別演奏会は、東京は、サントリーホールか東京芸術劇場。私の主観ですが、比較すると、サントリーホールのほうが格段よいです。なんというか、音が軽やかに、上に上に立ち昇っていくのです。主観といいながらも、友人も同様のようで、少し早くても、平日に当たってしまっても、次も頑張ってサントリーホールを取ろうと決めたのでした。

それにしても、クリスマスもまだだというのに、まだ約一週間のお仕事があるというのに、第九を聴いてしまって、気分はもう、仕事納めもして、今年ももうおしまいだ、という感じ。やるべきことはあるのだけれど、きっと身が入らない。明日から仕事納めまではなんとか乗り切ることを目標にしたいと思います。

Img_81211

おまけ。アークヒルズのクリスマスイルミネーションです。

Collage

第九はクリスマスが終わってからの演奏会だったので、ちゃんと見たことはなかったのだと思います。気合が入ったライティングで、カラヤン広場が華やかでした。

|

« X'mas@天神 in 福岡 | トップページ | 六本木でパリ気分 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/43487462

この記事へのトラックバック一覧です: 気分はオーラス:

« X'mas@天神 in 福岡 | トップページ | 六本木でパリ気分 »