« 六本木でパリ気分 | トップページ | Merry Christmas! »

2008.12.23

Negative news

Img_8220


前にも書いたけれど、最近の日経新聞の一面は、朝刊、夕刊ともに、暗いニュースばかり。

月例報告・景気判断「悪化」、トヨタ営業赤字1500億円、景気「急速に悪化」86%、等等、暗い話題、ショッキングな数字が踊っている。テレビのトップニュースも、「トヨタ、福岡と愛知の生産ライン休止」だった。企業の非正社員や期間工の削減・解雇は、毎日のニュースとなって発信される。日本企業の発展は、彼らに支えられたものだったのだと改めて思う。

うちの会社についても、先日、派遣社員削減のニュースが流れていた。仕事をしてもうずいぶん経つ。バブル崩壊と失われた10年も経験した。けれど、今のような深刻さはなかったような気がする。まさに、トヨタの渡辺会長が言うところの、「かつてない緊急事態」なのだと思う。

これまでも大なり小なり景気の波はあったけれど、アラフォー世代の私は、それに左右されて、特に財布の紐を引き締めるとか何かを我慢するとかはせず、可処分所得額に応じ、心から欲すれば高額商品であろうとも買い、食べたいものは食べ、時間が許せば行きたい場所に旅もした。消費意欲は失われていなかった。

しかしながら、このところのネガティブ・ニュースにはさすがに不安感を覚え、出費も抑えようかという気持ちにもなってくる。今日、美容院でカットしながら、ヘアスタイリストさんとそんな話をしていた。ニュースに引きずられて、自分の気持ちもしぼんでくるね、とか。消費マインドは確実に落ちてきている。

先日、GARTNERやIDCの今後のIT投資に関するレポートを読んだけれど、最悪のケースでは、日本は米国を下回りマイナス成長になるとか、本格回復は2011年以降とか。ネガティブになっても仕方がない報告が続いていた。近々に会社がどうかなることはないだろうけれど、2年先はわからないんじゃないか、とさえ思えてくる。先が見えないことは、本当に居心地悪く、不安なことなのだな。。。

クライシスにどのように応じるか考えておくこと、緊張感を持つことはよいことだと思う。でも、それで消極的になることは、ますます周りの負のスパイラルに巻き込まれてしまうような気がする。こんな時だからこそ、好奇心や想いは失わずにいたい。

|

« 六本木でパリ気分 | トップページ | Merry Christmas! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/43508376

この記事へのトラックバック一覧です: Negative news:

« 六本木でパリ気分 | トップページ | Merry Christmas! »