« マカロンとシャンパン | トップページ | スペシャルな夜 »

2008.12.27

女子的コンサート、アンジェラ・アキ

Img_8236


今年も行って参りました。
アンジェラ・アキのピアノ弾き語りコンサート、「Angera Aki My Keys 2008 in 武道館」。

昨年よりもしゃべりは少なかったものの、初見の友人曰く、「よくしゃべるねー、でも、しゃべるのうまいねー」と驚いて感心してました。まるで、昨年の自分を見ているみたい。

Img_8241


今年の「アンジェラ・アキの(勝手に)英語でしゃべらナイト!?」は、Billy Joelの「Honesty」。
サビの部分、"Honesty is such a lonely word 〜♪"をお勉強。
こんな詩を書いたBilly Joelの心理状態は一体?と心配してましたね。いや、確かに。そんなに不誠実なことがあったのか、ビリー?

また、2月公開のTOKIOの長瀬くん主演の映画「ヘブンズ・ドア」のテーマ曲、Bob Dylanのカバー「Knockin' on Heaven's Door」もピアノ一本で。翻訳でも意訳でもない、アンジー解釈の言葉で。この曲、いろんな人がカバーしているけれど、私はやはり、Guns N' Rosesだな。理由は無し。Axl Roseの声がHeaven's Doorなの。

Img_8239


また、2月発売の3rd.アルバム「Answer」から、「レクイエム」という壮大な新曲も披露。シングルとしてのヒットは難しいかもしれない。だけど、彼女の試みは買いたいと思うし、日々の中で人との関わりを大切に、そして、ちゃんと言葉で「ありがとう」と自分の気持ちを伝えることを大切にしたいと思った。私が生きている今日は、もしからしたら私のラストデイかもしれないのだから。。。

そして、今年のヒット曲「手紙」を合唱して、本編はおしまい。モニターに歌詞が投影されたとはいえ、こんなに会場の人が歌うとは。。。

アンコールの懐メロコーナーは日本の歌ではなく、Sarah McLachlanの「Angel」。ワシントンで学生していた頃にコンサートで聴いて、シンガーソングライターを志すきっかけとなった曲なの出そう。聴いていて、アンジェラの声は、サラに似ているなとも思いました。

そこからラスト一曲、「サクラ色」へ。悩んだり、挫折しても、夢を見続けること。これはずっと彼女のテーマ。歌を聴きながら目黒川の桜を思い出し、ジーンときた。また、来年の桜も、彼女の歌とともに眺めたいな。。。

アンジー、そんなに赤裸々に気持ちをさらけ出していいの?と心配してしまうくらいの、女の子なコンサート。だけど、昨年よりはオトナ色が強くなったなとも思いました。また、来年も行きたいな。

|

« マカロンとシャンパン | トップページ | スペシャルな夜 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/43538952

この記事へのトラックバック一覧です: 女子的コンサート、アンジェラ・アキ:

« マカロンとシャンパン | トップページ | スペシャルな夜 »