« 宮島、岩国、そして淡路島・その6 | トップページ | 楽しい時間、語らいの時間 »

2008.11.16

宮島、岩国、そして淡路島・その7

グルメ編

今回の旅のラストをしめくくるのは、グルメでございます。

■宮島

宮島といえば、牡蠣。勿論いただきました。ナマはお腹をこわすこともある、と聞いたので焼き牡蠣のみ。

Img_5970

お店の外で焼いているので、歩いていると芳ばしい匂いが漂ってくる。だから歩く途中で買い食い。店頭で立ち食い。レモンをちょっとしぼって、醤油をかけて、お汁まで。身がぷりんとして、甘いの~。おいしゅうございました。

そして、宮島といえば、もうひとつ忘れちゃいけない、穴子。私の大好物!楽しみにしていました。

Collage_2

こちらでしか食べられない釜飯でいただいてみた。注文してから釜で炊き上げるので少し時間がかかる。しかし、釜に入ってでてきた穴子めしはほかほか、あたたかそうな湯気を上げている。

釜からお茶碗によそって食べるのだけど、いい具合に穴子がほぐれて、そしておこげも美味しい。蒸穴子とはまた違った食感が面白かった。こちらもおいしゅうございました。

さらに、宮島スイーツといえば、もみじまんぢうでございます。

Collage1

何軒か、食べ歩きした中で、こちら「おきな堂」のもみじまんぢうが、私にとってNO1.。

何が違うかというと、中の具のやわらかさ。他のお店のそれば、冷めるとかたくなってしまうのだけど、ここは、チーズもチョコレートもクリームもすべてやわらかい。チーズなんか、もう最高です。自宅、会社のお土産はこちらのにしたのですが、電子レンジで少し温めて食すと、まるで焼きたてのように食べられる。次のお土産も、ここのもみじまんぢうにしようと決めてます。

そして、夕方に出会った静かな宮島。お土産屋が並ぶ表参道商店街から1つ裏に入ると、静かな町屋通りがある。夕方、雨に濡れた町屋通りの雰囲気は大人の宮島という感じで、好ましいものだった。

Collage2

ここで、アンティーク風の食器類を扱うお店を見つけて、船で参拝の時間まで中でお茶しました。その向かいにある、旅荘かわぐち。この宿は、この旅の計画をしていたときから泊まってみたいと思っていた。今回は旅程の都合で宮島口に宿をとったけれど、次に宮島に行くことがあれば、是非こちらに滞在したいな。

■岩国

Collage3

特出すべきものはないけれど、ここは何故かソフトクリーム屋が集まっていた。ただのソフトクリーム屋ではなく、数十種のソフトクリームを揃えるお店が。

その中の1軒で、夏みかん味のソフトクリームをいただいてみた。いろんな組み合わせのお味があるので決めかねて、お店の人に聞いたところ、山口名物が夏みかんなのだそう。お味は、さわやか。さっぱりと美味しかった。

■淡路島

Img_63891

今回の旅の目的は、ウェスティン淡路アイランドのステイだったけれど、その中のひとつにここでのアフタヌーンティがありました。

Collage4

通常は夕方のホテルチェックインのために、アフタヌーンティをする時間がない。だから、アフタヌーンティを目的にしないとありつけませぬ。だから今回は気合を入れた。

しかし、午後の3時過ぎにこれだけのものは食べきれず、1番上のクッキー類はお持ち帰りをさせたいただいた。

ホテルでアフタヌーンティ。贅沢な時間を過ごして、しあわせな気分になりました。

次に、淡路島の楽しみといえば、穴子、すなわち、源平。

Img_66281

ここの穴子は、私の大好物。いつもはお昼ごはんようにとテイクアウト。今回は、タクシーで夜にお店に食べに行った。カウンターで大将と会話しながらの食事は楽しい時間。

上の画像は、おすすめの盛り合わせ。ひらめ、あおりいか、あじ。残る一種類は、失念。

Collage5

穴子は、炙りと蒸しをいただいてみた。穴子はさっぱりと、そして、蒸しは口に入れるとすぐにとろけてなくなってしまう。。。おかわりしたい美味しさなのだけれど、名残惜しさのままにしておく。そして、淡路といえばタコ。そして、アオリイカはにぎりでも。やはり、お店で食べるのはよいもの。

グルメ編、そして、この旅のしめくくりは、ウェスティン淡路アイランドのバー。

ウェスティン淡路だけではなく、バーで飲むのは私のホテルステイの楽しみ。ホテルのバーで飲む度に、大人でよかったと思う。

Collage6

もうすっかり知人となったバーテンダーさんと会話しながらお酒をいただく、ゆるりとした時間。いつものようにホワイトレディを頼んで、そして、おすすめという、ラ・フランスを使ったフローズンドリンクをトライ。思いっきりカクテルもなかなかよいもの。

それにしても、お客は私ひとり。お客が少ないね、と話をすると、この日は修学旅行の学生さんが多いとか。修学旅行生がこんなホテルに泊まるのかと、少し驚き。

バーで気持ちよく飲んで、甘いチョコレートを食べて、そしてこの夜は、気分がよいままお部屋に戻り、深い眠りに・・・。

厳島神社、紅葉、クリスマス、心に残る景色に出会い、そして、美味しいものをたくさん食べて、充実した旅でした。

|

« 宮島、岩国、そして淡路島・その6 | トップページ | 楽しい時間、語らいの時間 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/43095411

この記事へのトラックバック一覧です: 宮島、岩国、そして淡路島・その7:

« 宮島、岩国、そして淡路島・その6 | トップページ | 楽しい時間、語らいの時間 »