« 島歌パラダイスの夜 | トップページ | 宮島、岩国、そして淡路島・その1 »

2008.11.04

晴海インフィオラータ2008

先日、晴海トリトンスクエアで開催されている「晴海インフィオラータ2008」に行ってきました。3連休のおしまいの日。若干お天気はよろしくなかったですが、そこそこの人出。晴海も人のにぎわい。

このインフィオラータ、2001年にスタートして、今年で8年目。毎年いろんなテーマで、今年は、10周年に向けた3ヵ年テーマ「Thanks Earth」の1年目、大地。そして、2009年の海、2010年の空に続いていきます。

Img_57351

大地をテーマにした、19のバラのはなびらで表現された絵たち。そんな絵を、今年は空中から見ました。インフィオラータ・チャリティ観覧車という、リフトサービス(工事用のリフト)で数分間空中に浮かぶことができるのです。お子ちゃまと親の組み合わせの中で、女子一人。多少の居心地の悪さは感じつつも、こんな機会は無いと、チャリティで100円募金してトライ。そして撮ったのが、上の画像。逆さだけど。。。

何かあった時のために、担当の方が一緒にリフトに乗っていて、一番上に上った時の高さを聞いたら8メートルとのこと。さらに上がるか聞いたら、少し上げて10メートルくらい上がってくれました。気持ちがいい!高いところ、大好きです。お天気がよかったらもっと眺めが良かったことでしょう。

Img_57431

降りてから近くで見てみると、はなびらがぎっしりと敷き詰められて絵ができている。これは、「女性は母なる大地の生命」。女性の顔が、少し見づらい、かな。女性が大地から飛び出しているようなモチーフの作品。力強さを感じます。

見ている間にも、係りの人がはなびらを補充したりして、しっかりメンテナンスがされている。だから、こうして、数日経っても美しい色で見ることができるのでしょう。

ライトアップも美しいそうなのですが、夜に晴海まで足を伸ばすのはいささか面倒で、とりあえず昼間のみ。次は行ってみましょう。

インフィオラータ2008は、明日5日まで。見応えあります。ご興味ある方は、是非どうぞ。

|

« 島歌パラダイスの夜 | トップページ | 宮島、岩国、そして淡路島・その1 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/43015736

この記事へのトラックバック一覧です: 晴海インフィオラータ2008:

» 晴海インフィオラータ/トリトンスクエア [京の昼寝〜♪]
晴海インフィオラータ/トリトンスクエア   11月3日(月)  HP  「晴海インフィオラータ」 一度は行って見たかったこのイベント。 地下鉄大江戸線勝どき駅から晴海に向かってトリトンブリッジ(動く歩道になっています)を渡り、朝潮運河沿いの遊歩道に全長150m、12万本のバラとのフラワーアートが、美しい地球を守るための18枚のフラワーアートで表現されています この晴海インフィオラータという催しは今年で8回目になるんですね〜。 2008年度の作品テーマは「ThanksE... [続きを読む]

受信: 2008.11.11 12:36

« 島歌パラダイスの夜 | トップページ | 宮島、岩国、そして淡路島・その1 »