« 宮島、岩国、そして淡路島・その5 | トップページ | 宮島、岩国、そして淡路島・その7 »

2008.11.15

宮島、岩国、そして淡路島・その6

クリスマス編

紅葉の次はクリスマス。

こちらも図らずも出会えた光景。ウェスティン淡路アイランドは、前日に完了したという、今年のクリスマスのデコレーションで華やか。

Img_6427

チューリップソファに囲まれたクリスマスツリーがお出迎え。クリスマスツリーを見ると心が浮き立つのは何故だろう。。。

Collage

いつもならば、エレベーターの中にはガーベラの一輪挿しなのに、クリスマスリースが飾られている。フロントまで続くエスカレーターにも、そして、バーにもクリスマス。ホテル全体がクリスマス一色。

ウェスティン淡路アイランドに隣接して、温室がある。名前は、奇跡の星の植物館。ここには何度か行っていたが、変わり映えしないので、ここ何年かは行っていなかった。しかし、植物館にもクリスマスイルミネーションがあるというので、久しぶりに入ってみた。

夜の温室ははじめて。ライトに照らされた植物たちがなまめかしく、昼間とは全く違って見える。それも新鮮な驚きだったけれど、、、

Img_65221

輝くクリスマスツリーを目にした時には、うぁ~キレイ、と声に出して言ってしまったほど。ホワイトとグリーンの爽やかな組み合わせが、高貴で洗練されたイメージ。だけど、温かみがある。本当にキレイ。こうした全体のライティングは、温室だからできること。見られて、本当にしあわせだ。

Collage2

ツリーの前にベンチがあって、そこに座ってツリーを見ていた。夜の温室は人も少なく、空間をひとりじめ。ツリーの根元には、キラキラとしたオーメントがたくさん。そして、白い花は、蘭だったろうか。。。

Img_6595

温室を出るとすっかり暗くなっていて、ホテルの外のイルミネーションが輝いていた。水の上に浮かぶツリー。そして、奥には、ツリーのカタチに浮かびあがったホテルのライト。

この日は寒くて、外を出歩く人はほとんどいない。それなのに私は、寒さも忘れて、いや寒いのもお構いなしに、ホテルを歩き回った。

Img_6475

そして、海回廊に出ると、全体が見渡せた。空間を贅沢に使ったイルミネーション。派手すぎず、控えめすぎず、ちょうどいい。

今年、一番はじめに見たクリスマスイルミネーションは、忘れられないものとなった。

おまけ。

Img_6657

七色の明石大橋。ウェウティンに泊まるとそこに篭ってしまう。だから、夜に出歩くのははじめて。そして見えたのがこんな明石大橋。一番キレイに見えるフェリー乗り場に、写真を撮るだけだから、と言って、特別に入れてもらった。寒かったけれど、キレイだった。

紅葉に続いて、クリスマスイルミネーション、そして、明石大橋のライトアップも楽しめた旅となりました。

|

« 宮島、岩国、そして淡路島・その5 | トップページ | 宮島、岩国、そして淡路島・その7 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/43095402

この記事へのトラックバック一覧です: 宮島、岩国、そして淡路島・その6:

« 宮島、岩国、そして淡路島・その5 | トップページ | 宮島、岩国、そして淡路島・その7 »