« おうちにMacがやってきた | トップページ | 移行作業進行中・・・ »

2008.10.17

カノッサ特別講習「タイヤの歴史」

今年の秋も放映されました。

Img_54711

「カノッサの屈辱」。大好きな、真面目おバカな番組です。懐かしい、フジTV・牧原アナのナレーションでスタート。そして、聴き慣れたテーマミュージック。そして、今回のお題は・・・

「タイヤ幕藩体制と海外列強の展開」 

格調高くも、、、おバカだねぇ~。ワクワクいたします。

そして、いきなり、「カローラ遺跡」からスタートです。相変わらずで、嬉しい限り。

クルマ文化の広まりとともに勢力拡大、それが、タイヤ豪族・石橋家(ブリジストン)。そして、石橋家「タイヤマト朝廷」成立。スタートから飛ばしてくれてます。

その後は、戦国時代、封建制度、下克上などなど、タイヤの歴史を、本当の日本の歴史に倣って展開してくれる。

Collage_2

タイヤ古代史、タイヤ中世、戦国時代の到来、タイヤ近世、タイヤ現代史と進んでいく。

何故、タイヤが時代と共に薄くなっていったのか(進化したのか)、クルマの流行、お勉強させてくれます。

そこに女性が欠かせなかったということは、新しい気づき。HONDAのプレリュードは兄が乗っていた、私も好きだったクルマなのだけれど、このクルマが「走りは二の次、みせかけ重視」のクルマだったとは・・・。スタットレスタイヤが海外から来たということも、同様に、新しい気づき。

30分きっちりと笑わせてくれたのですが、やはり物足りない。。。それは何故か、、、それは勿論、教授がいないから。

「やあみなさん、私の研究室にようこそ」という、真面目くさい一言がない。中谷昇氏の存在感が大きく、彼が亡くなってから別の人を立てないというポリシーには感心するけれど、やはり物足りないな・・・。

さて、来年もまた特別講習はあるのかしら。楽しみに待ちたいと思います。

|

« おうちにMacがやってきた | トップページ | 移行作業進行中・・・ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/42821552

この記事へのトラックバック一覧です: カノッサ特別講習「タイヤの歴史」:

« おうちにMacがやってきた | トップページ | 移行作業進行中・・・ »