« GoogleMap de StreetView | トップページ | 31時間のパリ »

2008.08.08

オリンピックというもの。

Img_51051_2

今、北京オリンピックの開会式を見ながらブログを書いている。

オリンピックは、国家の威信をかけて行うものなのだ、とつくづく思う。

国力がないとできないものなのだ。失敗してはいけないものなのだ。

夜の開会式。闇は美しくないものは全て隠してくれて、見せたいもの、美しいものだけを見せることができる。

美しい映像、演出、そして、そこにピンで登場する女性、女の子、みんなかわいい。絶対に顔で選んでいるだろう、と思う。女の子は、チョーカワイイ、本当に。

でも、演ずる人たちは、みんな一生懸命。多分、すごく練習したのだと思う。だから、やっとやっとのハレの舞台の笑顔。

そして、オリンピックの主役、選手たちの入場行進。みなスタンドに手を振って、こちらもトビキリの笑顔で。大規模選手団の国、かたや、数人で緊張気味、少しぎこちない笑顔で歩く国。お国柄、衣装、本当にバラエティに富んでいて面白い。

今朝は寄るところがあったので、いつもよりも遅い時間に自宅を出た。「とくダネ!」を見ていたら、メイン司会の小倉智昭が北京に行っていて、北京国家体育場、通称・鳥の巣の前から中継をしていた。

小倉さん曰く、空、景色は霞んでいるのだそう。つまり、ガス(スモッグ)が出ていると。空気もあまりよくないと言っていた。やはり、環境はよくないらしい。

他の番組のキャスターは、思っていたよりも悪くなく、問題ない、というような発言をしていたのだけれど、ストレートな小倉さんは、きっぱりと言い切ってくれた。

今日から16日間。そんな環境下で試合をする選手たち。体調に気をつけて、頑張って欲しいと思います。

|

« GoogleMap de StreetView | トップページ | 31時間のパリ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/42108376

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピックというもの。:

« GoogleMap de StreetView | トップページ | 31時間のパリ »