« 夏本番・・・ | トップページ | 終わった。。。 »

2008.07.17

新橋の美味しい夜

久しぶりに新橋の寿司屋に行ってきました。

八重山の思い出ということで「石垣島ラー油」を持って、ラー油が合うお料理をお願い、と依頼をして。

一度このお店では石ラーの夜をやっているのでお店の方も心得ていて、いくつかラー油を使ったお料理を出してくれました。

Collage

右上から時計回りに、ニラ入りチヂミ風石垣島ラー油がけ、揚げ豆腐石ラーがけ、イカと京菜の和え物石ラーがけ、油揚げとわかめの和え物石ラーがけの4種。全部美味しかった!

一番お気に入りはチヂミでしたが、油揚げとわかめの和え物はミョウガがいい味出していて夏に合うお料理。そして豆腐も美味しかった。

相変わらず、奥様のお料理は美味しいです。

本当はもうひとり行く予定がNGになってしまって私ひとり。けれども、ひとりでも楽しく過ごせるのがこのお店のいいところ。隣りの席のおじさまとカウンターの中の大将、お店の方と楽しくお話して過ごしました。

Collage1

もちろん寿司屋なのでラー油無しのお料理も。ケースの中のまぐろとクルマエビが美味しそうで握ってもらい、カマスの焼き物(卵が入っていた!)、そしてここではこれを食べなきゃという江戸前穴子。ラストはお店で漬けたお新香。お茶と一緒にいただいて、まとめ方としては最高。

隣りに座っていたおじさま、私の会社のお偉いさんでした。所属を言ってご挨拶をさせてもらいました。そして、その方から焼酎のボトルを入れてもらいまして。なんでも、帰り際に3回も念を押して帰られたそう。大変恐縮。ありがとうございます。

でも、ボトルキープもはじめてでかなり嬉しい。

気分が鬱々としていただけに、久しぶりに楽しい夜でした。

|

« 夏本番・・・ | トップページ | 終わった。。。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

石ラー、色々バリエーションがあるんですね。参考になります。
それにしても、石ラーを使ってくれるお寿司屋さんなんて、素敵ですね。
さすがmoonshainerさん。

ところで、竹富島の白砂の道なんですけどね、調べてみたんだけど、おそらく竹富島の白砂が珊瑚が砕けたコーラルサンドなんじゃないかと思います。だから、司馬遼太郎氏の言うことも、白砂を敷き詰めた、という表現も同じことを指すんではないかと。

ただ暑いばかりの東京の夏を迎え、白砂の道とどこまでも青い空が懐かしいばかりです。

投稿: wako | 2008.07.20 17:30

使ってみましたか?>石ラー
感想聞かせてくださいね。

竹富島の白い砂、そうでしたか。
変わって欲しくないと思っていたのでホッとしました。

> 白砂の道とどこまでも青い空が懐かしいばかりです。
本当に。自転車は乗り難かったですけどね。(笑)

投稿: moonshiner | 2008.07.21 21:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/41891052

この記事へのトラックバック一覧です: 新橋の美味しい夜:

« 夏本番・・・ | トップページ | 終わった。。。 »