« KAT-TUN Ⅲ~QUEEN OF PIRATES | トップページ | あの空をおぼえてる »

2008.06.07

モディリアーニ展2008

Img_37111

国立新美術館で開催中の「モディリアーニ展2008」に行ってきました。6月9日までの会期なのでギリギリ間に合いました。

久しぶりに行った国立新美術館は、人が落ち着いたというか、以前のような大賑わいということもなく、午前中だったせいもあり、比較的ゆっくり見ることができました。でも、ここは年齢層高し。ツアーか何かの団体さん多し。

1章 プリミティヴィズムの発見:パリ到着、ポール・アレクサンドルとの出会い

2章 実験的段階への移行:カリアティッドの人物像-前衛画家への道

3章 過渡期の時代:カリアディッドからの変遷-不特定多数から実際の人物の肖像画へ

4章 仮面からトーテム風の肖像画へ:プリミティブな人物像と古典的肖像画との統合

時代別に展示されているので、主に人との出会いの中で、彼の作品が変わっていく様子を見て取ることができます。はじめは彫刻家を目指していたこと、一番古い作品が1906年頃で一番新しい作品が1919年頃。活動期間が13年間足らずだということに少なからず驚き。調べたら35歳、作品がやっと評価されたところで亡くなったのだそう。

モディリアーニというと、細長い顔、アーモンド形の目、長い首、なで肩の女性や少女というやわらいかいイメージで、特に好きな画家というわけではありませんでした。しかし、今回の展示で印象に残る絵があり、彼に対するイメージが変わりました。

1つ目はカリアティッド。カリアティッドとは、古代ギリシャ建築の梁を支える女性像の柱のこと。梁を支えるのだから、そこには女性の本能を思わせるような、力強い女性の絵がありました。

2つ目は意志ある女性たち。アーモンドの目には、何か曖昧性を感じていたのですが、例えば通称:マリー・ローランサンと呼ばれる「女の肖像」、「珊瑚の首飾りの女」など、鼻っ柱が強そうな、あるいは、強い意志を持った女性を感じます。

モディリアーニの絵に対する世間一般のイメージは先に書いた通りなのだけれど、そういう絵に至った経緯を知ることができたり、また、彼の絵に対するイメージを変えるいくつかの絵に出合えたことは、大きな収穫でした。

先に終了した「東山魁夷展」とのペアチケットだったので、ムダにするのも勿体無いので行ってきた、という感じでしたが、ムダにせずに行って良かったと思えた大回顧展でした。

|

« KAT-TUN Ⅲ~QUEEN OF PIRATES | トップページ | あの空をおぼえてる »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

モディリアーニは昨年のbunkamuraの展示会に行きましたけど、彼の死後、後追い自殺をした奥さん、ジャンヌ・エビュテルヌにフォーカスした展示会だったんですよね。
2人の物語にはとても深い思いを抱くことができたんですけど、絵については、なかなかよく分かりませんで。。。
私の鈍い感性の問題なんですけどね。
先日、NHKでモディリアーニが特集した番組で、彼がルノワールに会いに行った時のエピソードが紹介されていました。
ルノワールはモディリアーニに、「あなたは絵を書いて、楽しいか?」ときいて、これを耳にしたモディリアーニは、帰ってしまったんだとか。
本当になんとなくなんですけど、この言葉を発したルノワールの気持ちが、分かるような気がしてます。。。

投稿: HR-Miller | 2008.06.09 08:04

絵は自分の肌に合うか合わないかですからね。
私も、進んで見に行こうと思う画家ではなかったのです。
でも、文中にも書きましたが、カリアティッドの力強さには驚きました。こんな絵も描くのだなと。。。

投稿: moonshiner | 2008.06.11 23:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/41459846

この記事へのトラックバック一覧です: モディリアーニ展2008:

« KAT-TUN Ⅲ~QUEEN OF PIRATES | トップページ | あの空をおぼえてる »