« そのひとことが嬉しくて | トップページ | 母娘、鹿児島の旅・その2 »

2008.05.26

母娘、鹿児島の旅・その1

24日から26日の2泊3日、母と鹿児島に行ってきました。久しぶりの母娘の2人旅、そして私にははじめての鹿児島でした。

鹿児島行きのきっかけは、光野桃さんの「スピリチュアル・デトックス」。その中の、「鹿児島でデトックス」を読んで、岩盤浴をしてみたいな、と。ちょうど母の希望で旅先を探していて、私の趣味に母を誘ってしまったという感じ。

ルートは光野さんのルートに、別に探したルートを組み込んでこんな感じ。

1日目:黒酢レストランで黒酢黒豚ランチ、岩盤浴、ダグリ岬のボルベリアダグリ泊

2日目:霧島神宮、鹿児島神宮、嘉例川駅、えびの高原、霧島温泉泊

3日目:仙巌園、桜島

●ちょっと不安な鹿児島行き

土曜日、低気圧接近中。羽田を5分遅れで離陸、そして鹿児島は視界不良のため着陸できず。30分程鹿児島上空を旋回してからの着陸。一度着陸態勢に入ったのに、再度上昇したときにはビックリ。このまま着陸できずに引き返したらどうしようと不安に。母は雲の中の飛行機を這い回るような稲光を見たと言うし。。。

で、結局1時間程度遅れて鹿児島着。土砂降り、湿度高し。気分沈みがちな到着。

その後も、降ったり止んだりの繰り返し。そんな中、慣れない道を一人運転することになり、密かに緊張。。。

●黒酢、黒豚、黒い壷

少し遅いお昼ご飯は黒酢レストラン「桷志田」。ここの目的は名物黒酢料理を食べることもあったけれど、黒酢の壷

Img_30441

いやー、すごい。山の裾まで続いているかのような圧倒的な黒酢の壷。これだけあると笑うしかない。でもこれ、観光用ではなく、ちゃんとここで黒酢を作っている。衛星管理上、スタッフの説明を受けながらでないと立ち入り禁止。見ていて沖縄の泡盛の壷を思い出した。

Img_30311

黒酢のお料理は5月限定の、黒酢黒豚カレーをチョイス。酢とカレー?と思ったけれど、黒酢とカレーの香辛料がなかなかいい具合にマッチしていて、さっぱりと美味しい。黒豚も脂身少なく、だけどパサパサではなく、私は好み。

他にも箸休めとして黒酢を使った料理が付いていて、さらにデザートは、アイスクリームの黒酢入りジャムがけ。黒酢入りのジャムは酸味と果実の甘さがいい感じ。甘いバニラにちょうど良い。全体的に工夫されていて、かなり満足のランチでした。

●天に開くがごとく続く道

黒酢レストランがある福山町は錦江湾(鹿児島湾)沿い。岩盤浴「福の癒」は反対側の太平洋、大隈半島付け根の真ん中あたり。

この「福の癒」までの道がいい。切り立った杉山の真ん中を国道222号線が走っていて、そのそそり立ち具合を、光野さんが「天が開けている」と書いるのだけど、なんてうまい表現なのだろうと思ってしまう。

確かに峠越えありでカーブと直線の連続で気は抜けなかったけれど、運転している時にその土地が持つまっすぐな気のようなものを感じてすごく気持ちが良かった。

●森林の中、岩盤浴でデトックス

Img_30681

そして岩盤浴「福の癒」は、どうしてこんな場所に作ったのだろうと思うくらい、222号線沿いに突然現れた。周りには何もない。本当にここ?と思いながら国道沿いの駐車場に車を止めて降りていく。

Img_30641

「愛の里」という焼き鳥料理のお店の先に岩盤浴の建物があり、お金1000円を払って中に入る。着替え、下に敷くタオルと枕用のタオルを渡されて、いよいよ岩盤浴。浴室はすごく簡素。けど総ヒノキ。もうその香りだけで癒される。

入り方は、5分うつ伏せ、10分仰向け、5分休憩所で休憩&水分補給。これを3回繰り返す。私も母もはじめの15分で汗まみれ。休憩所は林に面しており、窓が開け放たれ、そこから風が吹き込んでとても気持ちがいい。さらに、川の音、風の音がする。自然の中で岩盤浴をしているようで、体の中の毒素が全て出てくれそう。

はじめにお金を払った時にスタンプカードを渡された。10回で一回無料になるらしい。地元の人が普通に利用する岩盤浴のお店なのだと思った。こんな自然の中で岩盤浴。羨ましい限り。

●ボルベリアダグリ

Img_30811

ダグリ岬に立つスペイン風の国民宿舎「ボルベリアダグリ」。志布志湾に沈む夕日が美しいはずだった。しかし、あいにくの雨。仕方なく小降りになったホテルの近くを母を歩いて植物観察。そして、お夕飯を食べて、温泉から志布志湾の明りを見て、この日は早めに眠ったのでした。さて、明日のお天気は。。。

|

« そのひとことが嬉しくて | トップページ | 母娘、鹿児島の旅・その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/41334689

この記事へのトラックバック一覧です: 母娘、鹿児島の旅・その1:

« そのひとことが嬉しくて | トップページ | 母娘、鹿児島の旅・その2 »