« 丸の内、花散歩 | トップページ | 光野桃「スピリチュアル デトックス」 »

2008.04.21

東京国立博物館 法隆寺宝物館

Img_19781

美術館、博物館というと特別展しか観に行かないことが多い。けれども、常設展も素晴らしいのだということを実感した「東京国立博物館 法隆寺宝物館」。 

Img_19571

まず、外観が美しい。上野の緑の中にシンプルで美しい直線と直角のフォルム、ガラスを多用した建物が美しく調和しています。

設計は建築家・谷口吉生氏。父親はモダニズムの建築家・谷口吉郎氏。東宮御所、帝劇、東博・東洋館、そして昨日行った東京国立近代美術館等、多くの名だたる建物を設計した方。吉生氏自身は丹下健三都市・建築研究所に所属していたこともあったそう。法隆寺宝物館の後、ニューヨーク近代美術館新館の設計も行っています。

Img_19631

けれども、中はもっと素晴らしいものでした。

明るい外からほの暗い館内に入る。第2室、暗さに目がなれると、そこには一体ずつガラスケースに収まった26体の観音菩薩立像がいらっしゃる、静寂で柔らかな空間が広がっていました。なんて素晴らしい演出!

特別展「薬師寺展」が行われている平成館の混雑とは違い人がいない。私だけ。この素晴らしい空間をひとりじめした贅沢な時間。座り心地のいいコルビジェソファがあり、資料室では関連する本も読める。さすがは国立の博物館。知っていたのに、どうしてもっと早くに来なかったのだろう。。。

Img_19481

法隆寺宝物館には、ホテルオークラのガーデンレストランが付属しており、美しい新緑を見ながら食事することができます。食事も目的の一つだったのだけれど、メニューを見たら重いお料理が多いのでパス。パスタや軽食をおいて欲しいな。

先日行った時はハナミズキとキクモモが満開。庭の散歩も気持ちよい。お気に入りの観音菩薩像にも出会ってしまいました。だから美術館、博物館通いはやめられない。

|

« 丸の内、花散歩 | トップページ | 光野桃「スピリチュアル デトックス」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/40889870

この記事へのトラックバック一覧です: 東京国立博物館 法隆寺宝物館:

» 日光月光 [易者 日本列島を往く]
東京国立博物館で開催中の国宝薬師寺展に行ってきました。 [続きを読む]

受信: 2008.04.24 08:14

« 丸の内、花散歩 | トップページ | 光野桃「スピリチュアル デトックス」 »