« 博物館でお花見を | トップページ | 新幹線の車窓から »

2008.04.05

堤の桜

Img_14891

この週末は秋冬物と春夏物の服の入れ替えのため実家に帰省。全ての用事が済んだ後で、母と桜を見てきました。

実家から車で10分くらいの場所にある、大きな川の堤の桜です。

Img_15061

水門があり、そこから続く堤に50本くらいの桜が植えられています。こちらの桜はちょうど見ごろ。土曜日はとてもいいお天気で、近所の人たちがお花見をしていました。その中を母を並んで花を見て歩きました。

Img_14701

等間隔で植えられているので、木の形も均整がとれていて、まだ若い木なのかもしれないけれど1本でも絵になります。

この堤は子供の頃父に連れて行ったもらったのですが、桜の記憶はありません。私が来なくなってから植えられたものなのでしょうか。

母はその後も父と桜を見に来ていたらしく、父が亡くなってからはじめてここに来ることができたと、懐かしそうで嬉しそう。夫婦って子供には分からない積み重ねた時間があるのだな、と感慨深い。。。

母と並んで桜を見て歩いたのは何年ぶりだろう。。。そして、あと何度こうして一緒に桜を見ることができるだろう。母と娘の時間も丁寧に重ねていきたいな。

Img_14351

堤の脇にはこちらも今が盛りの桃の花。たくさんの桜の脇で懸命に咲く桃の花は、みにくいアヒルの子のようだけれども、可憐でとても美しいものでした。

|

« 博物館でお花見を | トップページ | 新幹線の車窓から »

さくら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/40793772

この記事へのトラックバック一覧です: 堤の桜:

« 博物館でお花見を | トップページ | 新幹線の車窓から »