« KAT-TUNのCDとDVD&有閑倶楽部 | トップページ | ホテルズ・イルミネーション・クルージング~帝国ホテル »

2007.12.08

世界を魅了したティファニー

Img_21141

東京都庭園美術館で開催されている「世界を魅了したティファニー1837-2007」を見てきました。

親しくさせていただいているティファニーブティックの方からチケットをいただいていて、やっと行くことができました。

白金に行くのは数年ぶり。東京都庭園美術館はたぶんはじめてです。

Img_21531

国立科学博物館付属自然教育園の一角にあるので、周りにはたくさんの木々。銀杏並木が黄色に色づいてとてもキレイです。

東京都庭園美術館は朝香宮邸を美術館として公開しているもので、その様式は1920年代から1930年代にかけてヨーロッパの装飾美術を席巻したアール・デコ様式なのだそう。

Img_21161

全ての部屋が公開されているわけではなく、年に数回の特別公開の時にだけ公開される部屋もあるのだそうです。

文化財だから室内の写真撮影はNG。新館にあったクリスマスツリーも撮影禁止で残念でした。

さて、ティファニー展。普段は見ることができない貴重なアーカイブが見られるという言葉どおり、ため息が出るような素晴らしいジュエリーがたくさん。

キャラット数を考えるのも野暮だし、金額換算も野暮。

ただ単純に、原石を惜しげもなく使い、素晴らしい作品を作り出したデザイナーたちに感嘆するだけ。

素晴らしいジュエリーに、ガラスケースに思いっきり近づいて、正面、左右から角度を変えて見直して、そうやってずっと前を動かないおばさま方がたくさん。だから、超、混雑。

だから、そんなに展示数は多くないはずなのに、とても時間がかかりました。熱気で大変疲れました。。。

しかし、ハイジュエリーは本当に素晴らしく、疲れはしたけれど、目の保養になるとともに気持ちも豊かになりました。

フランク・ゲーリーのリングやパロマ・ピカソのバイザヤードなど、自分がしているジュエリーが展示されていたことも嬉しい。

美術館を出てから、少し庭園を散歩して帰りました。

館内の熱気から開放されてとても気持ちがいい。

Img_21211_2

庭園の入り口には、植物で作ったクリスマス・リースと思われるものが。洒落ています。

でも、見様によっては、正月のしめ飾りにも見えるような。。。

Img_21331

庭園は紅葉真っ盛り。今年はどこの紅葉を見ても、赤の色がキレイに出ています。

こちらでも楓の赤が太陽の光に映えて、お天気の庭園は少し寒いながらも爽やか。

美しいジュエリーと美しい紅葉を見て、満たされた一日でした。

|

« KAT-TUNのCDとDVD&有閑倶楽部 | トップページ | ホテルズ・イルミネーション・クルージング~帝国ホテル »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

東京庭園美術館、好きな美術館の一つです。
タイル地の広間にぽつんとある香水塔を
遠くから眺めたときの存在感が好きです。
二階のバルコニーからみえる景色もすてきですね。
歴史的ないきさつには、
「ミカドの肖像(猪瀬直樹著)」に書いて
ありますよね。読んでいらしたでしょうね。
では。

投稿: abba | 2007.12.12 00:07

東京庭園美術館、行かれるのですね。
またまたサプライズです!

>タイル地の広間にぽつんとある香水塔を
>遠くから眺めたときの存在感が好きです。
アール・デコもよいものだと思いました。
紅葉キレイでしたよ。黄金色です。

すみません。歴史的背景は弱いです。一般論止まりです。。。

投稿: moonshiner | 2007.12.13 23:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/17291400

この記事へのトラックバック一覧です: 世界を魅了したティファニー:

« KAT-TUNのCDとDVD&有閑倶楽部 | トップページ | ホテルズ・イルミネーション・クルージング~帝国ホテル »