« つもり違い十カ条 | トップページ | リーダーの条件 »

2007.09.17

その想いが私を動かす

Img_91901

先週からの風邪の後遺症。咳が止まらないため、本日予定していた伊勢丹のMARNのコレクションは欠席。残念。。。

さて、とっても遅い夏休みに向けたお話。

10月初旬の3連休と会社からの夏期休暇を組み合わせて、8日間パリに行ってきます

英語圏ではない国への旅は何度かしているのでなんとなく勝手はわかっていますが、はじめての国への旅は嬉しさと共に不安も。。。

先週から準備をはじめて、この3連休のほとんどは事前の情報収集に時間を費やしました。

まずは、Web2.0的に集合知。

ふらつー、フォートラベルなどのネットのクチコミ、フランス通の友人・知人へのインタビュー、そしてガイドブックではない本の読書。

現在、岸恵子さんの「私のパリ 私のフランス」を読書中。パリ情報を得つつ、岸さんの生き方も興味深く読んでいます。

一方で旅の技術としてガイドブックは必須。何年かぶりで「地球の歩き方」を購入しました。

パリ行きの準備については何度かここに書くと思いますが、まずは何故パリかということについて。

今年の休暇は海外に行こうと決めていて、友人がいるカナダ、美術館巡りでニューヨーク、ずっと焦がれているバチカン、ダイビングにグレートバリアリーフ、などなど候補はいろいろでした。

でも、フランスは全く考えていなかったんですね。なんとなく性に合わないという、食わず嫌いに近い感覚で避けていた国だったのです。

それが何故パリなのか。。。

それは、ある写真がきっかけ。この景色を自分の目で見てみたいと思った。それだけ。

思い起こせば、寒い冬にイタリアに行った時もそうでした。

ミラノのドゥオモのステンドグラス、ヴェネチアのサンマルコ広場のミルク色の霧を写真で見て、それを自分の目で見たいと思ったこと。それで友人を巻き込んで行ってしまった。。。

ミラノでは友人と別行動で暗いドゥオモの中で1時間くらい座って飽きることなくステンドグラスを見ていたし、そして、サンマルコ広場では実際に霧に出会いました。

街灯の色が変わってしまったので写真と同じトーンではなかったけれど、霧の中に閉じ込められて、すぐ隣を歩いているはずの友人もわからなくなって、途方もない不安を感じて。。。

しばらくして霧が引いて、友人の顔を見たときに心から安堵して泣きそうになったことを覚えています。

今回見たパリの写真は、多分、サン・ジェルマン・デ・プレ。

住所が明確ではないので、その景色がどこにあるのかはわかりません。でも、その景色に出会うためにのんびり散歩するのもいいかなと思っています。

その景色を見たい。その想いが私を動かす。

と、パリに何度も行っている友人に話したら、治安が悪いから気をつけなさい、と戒められました。

はい、わかりました。気を引き締めます。。。ということで、準備はまだまだ続くのです。

|

« つもり違い十カ条 | トップページ | リーダーの条件 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 今は円安・ユーロ高なので、パリの物価はものすごく高く感じます。
 それでも秋のパリは行く価値がありそうですね。
楽しい旅となりますように。

投稿: 富久亭 | 2007.09.18 20:12

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>今は円安・ユーロ高なので、パリの物価はものすごく高く感じます。
実際に超・高いみたいです。
カフェでコーヒーを飲むだけでも覚悟が必要そう。。。
今回はお買い物よりも街歩きと写真と決めて行って参ります。

投稿: moonshiner | 2007.09.19 00:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/16465308

この記事へのトラックバック一覧です: その想いが私を動かす:

« つもり違い十カ条 | トップページ | リーダーの条件 »