« リーダーの条件 | トップページ | BIOMBO/屏風 日本の美 »

2007.09.19

東京ミッドタウン能狂言

Img_92121

本日の午後、はずせない私用があってお休みをいただきました。

夕方までにそれを終わらせて、夜、東京ミッドタウンで行われた「第一回東京ミッドタウン能狂言」を見て来ました。

野外、芝生公園に特別に舞台と客席をしつらえて、夜空の下で行われました。

Img_92341

二夜連続で、本日は記念すべき第一回の第一夜。プログラムは以下の3本。

 ・大蔵流 三番三 ・・・ 茂山正邦、茂山茂、他

 ・大蔵流狂言 仁王 ・・・ 茂山千五郎、他茂山千五郎家一門

 ・和泉流狂言 蝸牛 ・・・ 野村萬斎、他

どれも特徴があって面白い演目でした。

「三番三」は、東京ミッドタウンという都会の真ん中、しかも野外で、太鼓や笛の音が響き渡り、なんだか不思議な感じ。

そして、「仁王」は、関西の茂山一門らしいノリで、現代的なアドリブのかけあいが面白かった。

けれども、やはり一番は萬斎さんの「蝸牛」です。

主人に長寿の薬であるカタツムリを取りに行くように言われた太郎冠者。しかし、カタツムリを知らない太郎冠者は、藪の中で寝ている山伏(野村萬斎)をカタツムリと思い込んでしまう。これは面白いと思った山伏はカタツムリになりすまして、そこからのかけあいが面白い。

会場は面白さに笑いにつつまれて、とってもいい雰囲気。

「日本語であそぼ」で萬斎さんがやっていた、「はーっはっはっはっ」という萬斎さん得意の高笑い、そして、「でんでんむしむし」と囃子言葉を直に見ることができました。

萬斎さんは、きちっきちっとした所作、めりはりがあるはっきりした声、よく通る笑いなど、全てが他の狂言者よりも優れている。

久しぶりに生で見ましたが、スペシャルな人だと再認識。萬斎さんの「蝸牛」が見られただけでも、行ってよかったと思いました。

東京ミッドタウンの芝生公園という都会の真ん中の野外での初の試みでしたが、今夜は風も涼しく、非常に気分良く見ることができました。

ただひとつ、上空を何度かヘリが旋回してヘリの音で役者さんの声が聞こえなくなることだけはいただけませんでした。もったいないです。

でも全体としてはとても満足していて、来年もチケットが取れたら、また行きたいを思っています。

|

« リーダーの条件 | トップページ | BIOMBO/屏風 日本の美 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/16507620

この記事へのトラックバック一覧です: 東京ミッドタウン能狂言:

« リーダーの条件 | トップページ | BIOMBO/屏風 日本の美 »