« 星の王子さま展 | トップページ | ザ・ペニンシュラ »

2007.05.05

私たちは星のかけら

Img_7238

日本橋HD DVD プラネタリウム に行って来ました。

実は、仕事の都合で先日ブログに書いた科学技術週間の無料期間にはいけなかったのです。だから、有料で。。

「宇宙へのパスポート(40分)」、「星空の贈りもの(20分)」。1プログラムずつ入れ替えがあります。

ほぼ180度になるリクライニングシートに座って、寝て、リラックス。

ふっとライトが消えて、暗闇に目が慣れて、見えなかった星たちが見えてくる時が好き。

星が少しずつ増えていって、いつの間にか満天の星。

普段肉眼では見えない星々までも映し出された夜空は、とっても賑やかです。

「宇宙へのパスポート」は二部構成になっていて、第一部が宇宙連詩、第二部が宇宙空間を旅する宇宙へのパスポート。

宇宙連詩については、こちらを参考に。

宇宙空間を旅する。地球から太陽系、銀河系、そして銀河系の外へ。

速度を上げていく感覚にドキドキ。ちょっと心臓に悪いかも。本当に高速移動しているような感覚なのです。

オリオン座のオリオン星雲に飛び込む。そこに吸い込まれていく感じがいい。中には生まれたばかりの星たち。その間を飛んだ。

宇宙空間を旅した後は、宇宙連詩の続きを。今度はナレーション無し。詩と緩やかに流れる音楽と宇宙の星だけ。自分のペースでイメージング。

UNIVERSE!私たちは宇宙の中の無数の星のかけらなんだ。

Img_7236_1

宇宙連詩に感動して泣きそうになりました。

読んでいて思い出したのはユーミンの大好きな曲。とても素敵な詩なのでご紹介します。

 青い船で ~アルバム「VOYAGER」より

 作詞・作曲:松任谷由実

 私たちを乗せた船は東へと漕いでゆく
 朝焼けを 夕映えを
 果てしなく追いかけて

 月をよぎる雲の色も
 波のしぶきさえも
 二度と同じ姿はない 永遠の万華鏡

 私たちを乗せた星は涼しげに輝いて
 木星を 金星を
 導いてゆくように

 同じ時を旅している
 たくさんの人の中に
 なぜかとても ああなつかしい

 あなたがいてよかった

 恐れずに生きてゆける
 彗星のように燃え尽きたい

 遠い海を旅してゆく小さな船の上に
 もっと遠い夢を見てる
 あなたがいてよかった

 なぜかとても ああなつかしい
 あなたがいてよかった

|

« 星の王子さま展 | トップページ | ザ・ペニンシュラ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/14872660

この記事へのトラックバック一覧です: 私たちは星のかけら:

« 星の王子さま展 | トップページ | ザ・ペニンシュラ »