« お帰り。 | トップページ | 守るもの。手放すもの。 »

2007.04.22

名残りの桜

今年の桜はもう自分の中では封印してしまったので、今日の桜は名残りの桜

Img_7035_1

いつもと違う道を通って近所にお買い物に行く途中で目に留まった桜の木。

児童公園の中で風に吹かれて揺れていた桜。

まだ咲いていたんだ。都内の桜はほとんど終わっていると思っていたのに。。。

そして、ここに桜の木があったこと、何年も住んでいるのに全く気づきませんでした。

Img_7022

児童公園だからでしょうか。桜の木に品種の札がかかっていてちゃんと名前が解るようになっています。

これは「イチハラトラノオ」という八重桜。一番上の画像の右側薄い色の桜は「ヤエベニトラノオ」。濃い色の桜は「カンザン」。奥にある桜の木は「フクロクジュ」。

桜には本当にいろんな種類があって、いつもその名前が解らなくて困るのですが、解るとなんかひとつ知識が増えたような嬉しい気持ち。

Img_7050

足元を見ると、散った桜の花びらが雪のように積もっていました。

散り始めなのでしょう。花びらはどれもまだ新しくて、濃いピンクや淡いピンクがとてもキレイ。

しばらく階段に座って桜を見ていましたが、見ている間にも強い風に吹かれて、はらはらと花びらが散っていきます。

こうして、花びらが散った景色も雰囲気があっていいものです。

他の人にとっては<お花見の季節>は終わってしまったのでしょうね。こんなにキレイに咲いているのに、目を留める人はいない。。。

でも、青森や北海道はこれから開花、満開を迎えるんですよね。

日本は本当に南北に長い国なんだなと改めて思います。

いつか、桜前線と一緒に旅をしたいものです。

|

« お帰り。 | トップページ | 守るもの。手放すもの。 »

さくら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/14806701

この記事へのトラックバック一覧です: 名残りの桜:

« お帰り。 | トップページ | 守るもの。手放すもの。 »