« 江東、水辺散歩(前編) | トップページ | 街に花を »

2007.04.02

江東、水辺散歩(後編)

昨日の記事の続きです。

横十間川親水公園は横十間川の両側に広がる南北に細長い公園です。

5メートル程の川幅の横十間川には適切な間隔で橋が架かっていて、両岸を行き来できるようになっています。

<水に親しむ>公園と書くだけあって、川岸には、遊歩道、休憩所、ボート乗り場などがあり、水の近くで過ごすことができるようになっています。

Img_6300

桜の木は、桜マップにソメイヨシノ80本とあるように、仙台堀川公園のように密集しているのではなく川岸に点在する感じです。(仙台堀川公園は合計してソメイヨシノ300本)

川に柳が風情があり、今の季節は緑に桜の淡い色が彩を添えています。

歩いているとボートで川を下る人が。。。この景色にぴったりで思わずカシャリ。

気持ちよさそう。観光ボートではなく、私もこうしたボートに乗ってみたい。

Img_6360

横十間川をさかのぼるように歩き、新大橋通りから猿江恩賜公園方向を臨むと、そこには桜が密集していて見ごたえがあります。

Img_6353

この画像は、この上の画像の桜の木の下に回って撮ったものです。

土手から川に向かって枝を伸ばして咲く桜の花。

桜の枝は水に向かって伸びるのでしょうか。

目黒川も、千鳥ヶ淵も、同じように川面に向かって枝が伸びています。だけど川面すれすれで、絶対に水には浸からない。不思議。。。

横十間川沿いを歩いている途中に、小名木川クローバー橋という十字形の橋がありました。あらかじめ地図で橋の形状を見ていて、もしやと期待していました。

実際に行って周辺の景色を記憶して、自宅でDVDで見直して確信。「野ブタ。をプロデュース」の最終回で、修二(亀梨くん)と彰(山P)が東京で最後に別れた場所でした。

変わった形状の橋だったのでずっとどこにあるのかなと思ってましたが、場所が判って嬉しい。

最後に、こんなものを撮ってしまったシリーズ。

Img_6319

川に河童。桜の下で気持ちよさげ。

柳の下のヤツ、こちら側を向いているヤツ、向こう側を向いているヤツもいました。

こういうの見ると撮らずにはいられないんですねぇ。。。またこんなのと、心の中で自分を笑いつつ撮ってしまうのです。

Img_6308

これは向こうを向いていたヤツ。

なで肩。なんだか公衆浴場や温泉で、頭の上に手ぬぐいを乗せて、お風呂の洗い場のイスに座っているおじいちゃんみたい。。。やはり撮らないわけにはいかないでしょう。(笑)

またこんなの撮って、、、と呆れられてしまいますが。。。

ということで、桜を見ながら初めて歩いた江東区の水辺

仙台堀川公園にがっかりしたスタートでしたが、横十間親水公園で気持ちよい時間を過ごすことができて、結果としては大満足の朝のお花見散歩でした。

|

« 江東、水辺散歩(前編) | トップページ | 街に花を »

さくら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/14479879

この記事へのトラックバック一覧です: 江東、水辺散歩(後編):

» 仙台 市 趣味 [これいいよ]
仙台市に住んでいる母の姉が、新しく絵を習い始めたという。 母の姉は多趣味な人であると同時にとても器用な人間で、 私には小さい頃お人形の洋服を手作りしてくれたものだ。 [続きを読む]

受信: 2007.04.02 21:38

« 江東、水辺散歩(前編) | トップページ | 街に花を »