« 花のまわりに | トップページ | 全力で生きている感じ »

2007.04.07

特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ」

Img_6568_2

上野・東京国立博物館に「レオナルド・ダ・ヴィンチ-天才の実像」を見に行ってきました。

大混雑を予測し開館前に到着できるように行きましたが、既に多くの人が開館待ちで並んでいました。ヤッパリ。。。

私を含めて、みなさんの一番の目的は「受胎告知」

イタリアには二度行っていますが、その二度ともダ・ヴィンチの絵に会えなかった。。。

一度目はミラノの「最後の晩餐」。行った日が公開お休みの日。二度目はフィレンツェの「受胎告知」。この時は絵画出張中。

私はダ・ヴィンチと縁が無いんだなぁ、、、などと思ったものです。だから、今回展示の「受胎告知」は、本当に楽しみにしていました。

展示は第一会場と第二会場に分かれています。

「受胎告知」のみ本館・特別5室にありますが、入場時の物々しさにビックリ。。。

身体の金属探知機と手荷物検査。空港並みの保安体制。

貴重な絵ということは認識してますが、貸し出しの条件や一体ウフィツィ美術館にいくら支払ったのだろう、などと考えてしまいます。

そして、それを通り抜けた先には「受胎告知」。実物との対面です。

前の人たちのゆっくりとした進行を辛抱し、そして絵の前に立った時は嬉しかったですね。立ち止まらないでくださいという注意にも耳をかさず、しばし立ち止まり見入ってしまいました。

思っていたよりも小さかった「受胎告知」

大天使ガブリエルの訪れとお告げを聞いた時のマリアの動き。空気遠近法。均整が取れていてきれいな絵だなと思いました。

一方で、友人が教えてくれたこの絵の別のストーリーを思い出して、思い出し笑いも。ブログでどんなストーリーかは書けませんが。。。(笑)

実物を見て、やはり私は、受胎告知はフラ・アンジェリコサンドロ・ボッティチェリのほうが好きかな。。

Img_6382

第一会場で目的達成。だから第二会場は、ゆるーく見てまわりました。

今回のレオナルド・ダ・ヴィンチ展、美術鑑賞と思って行くと肩透かしにあいます。

絵の鑑賞は第一会場の「受胎告知」のみで、第二会場は手稿の記述に基づく映像や復元により、ダ・ヴィンチの広範囲な活動をたどる展示となっています。

  1. レオナルド・ダ・ヴィンチの障害
  2. 受胎告知-思索の原点
  3. レオナルドの書斎
  4. 「かたち」のとらえ方
  5. 万物の「運動」
  6. 絵画への結実 

文学、科学、建築学、力学、芸術学、自然哲学、人体研究等、考えながら見る必要があります。

だから残念だと思いました。こんな混雑の中ではなく、もっとゆっくり人が少ないところで考えながら見るべきでしょう。

見終わって、ダ・ヴィンチは、芸術家というよりも研究者(ナレーションでは真実の探求者と言っていました)だと思いましたね。

「モナ・リザ」や「受胎告知」等の絵は、こうした実証や思考といった探求の結果生まれた作品だったのです。

この特別展のサブテーマに「天才の実像」とあるように、彼の研究の軌跡をたどり、レオナルド・ダ・ヴィンチという人を知るよい機会だったと思います。

|

« 花のまわりに | トップページ | 全力で生きている感じ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

初めまして。TBありがとうございました。
スパムTBがあまりにも多くてウンザリしていたので、MoonshinerさんのまともなTBが入りとても嬉しいです。

展覧会は興味深い内容でしたが、鑑賞環境としては今ひとつでしたね。もし常設展示なら、もう少しゆったりと見られるだろうに、と残念でした。

美術館でボランティアをしているので、スタッフから聞いたことがあるのですが、作品を展覧会開催などでお借りする時に金銭的なやりとりはないとのことでした。おそらくケース・バイ・ケースだとは思いますが。その代わり損傷など被害を与えた場合は信頼関係が壊れてしまうので、作品保護には細心の注意を払うのだそうです。それでも思いがけない事故が発生してしまうことはあります。

偶然今日テレビで知ったのですが、動物園の場合、他の動物と違ってパンダは売買ではなく中国政府から寄贈の形となりますが、その代わりに研究費として1億円を中国側に寄付するのだそうです。
以前日本テレビがシスティーナ礼拝堂の修復作業の様子をドキュメンタリーで撮影する見返りに、修復費用を負担したのと同じですね。

投稿: Hanako | 2007.04.07 21:32

はじめまして、Hanakoさん。
コメントありがとうございます。

>スパムTBがあまりにも多くてウンザリしていたので
同感です。最近多くて困りますね。そんな中でちゃんとしたTBがあると嬉しいものです。

> 作品を展覧会開催などでお借りする時に金銭的なやりとりはないとのことでした。
なるほど。全てが金銭ではないということは、芸術のためにはよいことですね。
コメント、大変参考になりました。ありがとうございました。

投稿: moonshiner | 2007.04.07 23:30

 「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」、実は私も気になっています。昨年、銀座のソニー・ビルで「ダ・ヴィンチの発想と軌跡」という展覧会があった時、会場で買ったダ・ヴィンチの書いた手稿(ノート)や設計図等、貴重な資料がいっぱいつまっているCD、パソコンで時々楽しんでいます。 この東京国立博物館の展覧会、6月17日まで開催さているようなので、どこかで行こうと思っています。何としても「受胎告知」を観るために。

投稿: 山本 | 2007.04.08 08:52

山本さん

手稿、設計図で楽しめるのならば、今回の特別展は非常に楽しめるものだと思います。

> 6月17日まで開催さているようなので、どこかで行こうと思っています。何としても「受胎告知」を観るために。

こうした展示会の常として、会期末が近づくにつれ今よりも確実に混雑すると思います。
なるべく早めに行かれたほうがよいですよ。可能ならば平日に。

投稿: moonshiner | 2007.04.08 20:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/14566781

この記事へのトラックバック一覧です: 特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ」:

» 『レオナルド・ダ・ヴィンチ―天才の実像』展(東京国立博物館) [Hanakoの私的映画談義]
 3月20日(火)から上野・東京国立博物館(以下、東博)で開催中の『レオナルド [続きを読む]

受信: 2007.04.08 09:14

« 花のまわりに | トップページ | 全力で生きている感じ »