« 江東、水辺散歩(後編) | トップページ | オーロラを見よう! »

2007.04.03

街に花を

街に花があるのはいいものです。

先日、丸ビルのチューリップについて書きましたが、この時は夜だったので、昼間のチューリップを見ようと先週の土曜日、千鳥ヶ淵の桜の帰りに再び行ってきました。

丸の内から有楽町国際フォーラム間の処々に、主にチューリップの花が置かれています。

東京国際フォーラムの地上広場。有楽町駅側にあるピンクのチューリップを集めた巨大花束もこの一環だったのでしょう。

Img_6171

丸ビルは、中も外もチューリップがいっぱい。夜に行った時は暗くて撮れなかった外のチューリップをカシャリ。

丸の内のビルの多くがグレーの外装。モノトーンにチューリップのイエロー、ピンク、オレンジなどが彩りを添え、街全体を明るく華やかにしてくれます。

Img_6178

イヴサンローラン・ブティックの前。歩道には、赤いチューリップと黄水仙を組み合わせた植木鉢。元気でキュートな組み合わせです。

Img_6186

こちらはエルメス・ブティックの前。八重のチューリップがやさしく可憐な感じです。

色と形状、他の花との組み合わせでチューリップのイメージが全く変わってしまいます。

忙しい時には歩道の花にも目も留めずに通り過ぎてしまいがちですが、忙しくてもちゃんと咲いている花に気を留めることができる人でありたいと思っています。

それにしても、春は花があっていいです。あるだけで気持ちが明るくなります。空間に花や緑を取り入れることの効用を実感します。

Img_6158

この桜も先の記事で夜に撮った桜。その時はまだ三分咲き程度でしたが、この時は既に満開。

anegoの言葉を借りると、「今年もまた咲いたなぁ。。。」というところでしょうか。

東京駅の赤レンガを背景にすると、桜もなんとなくクラシックに。

春だけでなく、いつも街に花を。

|

« 江東、水辺散歩(後編) | トップページ | オーロラを見よう! »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

 誠に鮮明な美しい花々を眺めていたら、江間章子作詞・團伊玖磨作曲の大好きな曲「花の街」を思い出しました。《七色(なないろ)の谷を越えて 流れて行く 風のリボン 輪になって 輪になって かけていったよ 春よ春よと かけていったよ……》。そして、東京駅をバックにした桜、赤レンガとの対比が美しいの一語に尽きます。大変、眼の保養になりました。

投稿: 山本 | 2007.04.04 17:43

山本さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

赤レンガと桜の組み合わせは思ったよりも似合っていて、自分でも新鮮でした。

「花の街」、今の季節にピッタリですね。
初めて知ってWebで調べると、多くの人が山本さんと同様に好きな曲と挙げていました。

私にも好きな「花」の詩があるので、後でブログに書きたいと思っています。それでは。

投稿: moonshiner | 2007.04.04 21:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/14480808

この記事へのトラックバック一覧です: 街に花を:

» ワンコよりも値段が高い首輪 [ワンコよりも値段が高い首輪]
ウチでは、ワンコを何匹か飼ってるんだけど、 首輪は、超安いの使ってます。 [続きを読む]

受信: 2007.04.06 00:18

« 江東、水辺散歩(後編) | トップページ | オーロラを見よう! »