« 名残りの桜 | トップページ | 距離・distance »

2007.04.23

守るもの。手放すもの。

Img_7178

今日は、4月いっぱいで退職することになった同僚の送別会でした。

当初は女性オンリーのインフォーマルな集まりの予定でしたが、その後男性も加わり、旧知の仲間たち10名の送別会となりました。

店や花束の手配等、久しぶりに幹事をやりましたが、こうした仲間たちの会の幹事はやり甲斐があります。

お店の方も協力してくれて、ラストのデザートの時にはライトを暗くして花火までつけてくれて。

誕生日ではなかったから歌は出ませんでしたが、「お疲れ様」というねぎらいの言葉と拍手が全員から他のお客さんからも自然に起こりました。

こういうの見ているのって、幹事として、なんかしあわせなんですよね。。。

(下の画像は、このお店(ピザ屋)の名物のデザートピザ。ストロベリー、チョコレート、そしてアイスクリーム。アイスクリームが解けてしまうからお店の中でしか食べられません。)

Img_7164

さて、彼女について。

今のミッションと彼女のスキルがマッチしていると思っていただけに、彼女が仕事を辞める日が来るとは思っていませんでした。

けれども、子供の事情、家族の事情、自分の事情。いろんなことが重なってしまったんですね。そして家族と話し合った結果、仕事を辞めることを選んだのでした。

本当は仕事を続けたかったのだと思います。

しかし、人は生きていく中で全てを得ることはできなくて、何か大切なものに集中するために、また別の大切なものを手放す決断をしなければならない。

そして、その大切なものも、その時々でプライオリティが違ってくる。それが<タイミング>、というものなのでしょうね。

頭もいいし、前向きな人だから、きっと仕事を辞めても、また違うものがつかめるんじゃないかなと思います。

松下やIBMの例もあるし、お子さんが大きくなる頃には労働環境も変わっていて、在宅勤務も可能になるかもしれない。復職もできるかもしれない。そうしたら、また一緒に仕事ができればいいなと思っています。

女性の労働力を期待とか、女性の登用と言われている中でのこうした出来事について、自分の考えを書きたいと思っていますが、まだ感情的でなくちゃんと論理立てた文章にできていません。考えがまとまったらちゃんと書きたいと思っています。

|

« 名残りの桜 | トップページ | 距離・distance »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/14826617

この記事へのトラックバック一覧です: 守るもの。手放すもの。:

« 名残りの桜 | トップページ | 距離・distance »