« ネットの世界も大変なんだ。 | トップページ | 沖縄に行きたい »

2007.03.21

お彼岸草もち

Img_5649

今日は春分の日、そして、春のお彼岸。

おはぎが苦手な私は、草もちをいただきました。

おはぎ、苦手です。

<ご飯>に<あんこ>の組み合わせがダメです。

どうしてお米とあんこを一緒に食べなきゃいけないの?、という具合に、私の中では最もアンマッチな組み合わせなのです。

また、元々あんこのお菓子を進んで食べることはなく、桃の節句に桜もち(勿論、道明寺)、端午の節句に柏もち、温泉に行っておいしそうなお饅頭があれば温泉饅頭、という程度です。

本日は、銀座三越に入っている近江たねや草もちをいただきました。

草もちの他に、桜もち、ぼたもちを売っていました。ぼたもち、、、他のお店は、おはぎなのに何故?

調べてみたら、<おはぎ>と<ぼたもち>は同じものなんですね。食べる季節によって名前が変わる。

漢字で書くと、ぼたもち=牡丹餅おはぎ=お萩

牡丹餅は、牡丹の季節=春のお彼岸に食べるもの。一方、お萩は、萩の季節=秋のお彼岸に食べるもの、なのだそうです。

今では年中<おはぎ>で通すお店が大勢を占めているようですが、本当は使い分けるべきで、今日食べるのは、たねやのように<ぼたもち>が正しい

深く考えたことはありませんでしたが、ちゃんと理由があるのですね。こうした風情がある使い分けも、春と秋、日本に四季があるからこそなんですね、きっと。

さて、たねやの草もちは、つぶし餡、きな粉、という一番好きな組み合わせです。

大きさほどほど、甘みおさえめ、そして、草もちによもぎをちゃんと感じられる、そんなお味。

濃い目の緑茶によくあって、たいへん美味しくいただきました。

|

« ネットの世界も大変なんだ。 | トップページ | 沖縄に行きたい »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/14338475

この記事へのトラックバック一覧です: お彼岸草もち:

» お米についていろいろ調べよう [お米についていろいろ調べよう]
お米の用語についても説明しています。 [続きを読む]

受信: 2007.03.21 17:11

» 端午の節句お祝い [端午の節句お祝い]
端午(たんご)は5月5日に、男子の健やかな成長を祝うこと [続きを読む]

受信: 2007.03.22 02:59

» 結婚式のマナー:お花の贈り方 [結婚式【結婚式に関連する情報】@情報館]
結婚式のお祝いで贈ってあげるものの中でも一番多いのが、お花です。結婚式自体が華やかになりますし、下手に置物などを贈るよりもずっと趣味がいいので、誰にでも喜ばれるところが人気の秘密でしょう。結婚式のお祝いとして贈るお花の予算は、大体5000円~10000円...... [続きを読む]

受信: 2007.03.30 15:08

« ネットの世界も大変なんだ。 | トップページ | 沖縄に行きたい »