« お彼岸草もち | トップページ | やわらか戦車、深夜の大笑い »

2007.03.22

沖縄に行きたい

Img_5546_1

今月号のBAILAを買ったら、付録に旅BAIRA・沖縄が付いていました。

休日、お風呂の中でのんびりと読んでいたら、沖縄に行きたくて、行きたくて、行きたくて。。。

竹富島のコンドイビーチを歩くリナさんを見て、まずは竹富島だわ、と。

竹富島は4回くらい行っているでしょうか。リピーターはもっともっと行っているのでしょうが、年に一度というと今の私にはこれが精一杯。

ここは日本にもこんな白い砂浜があるんだと思わせてくれた場所です。

でも、竹富島ならば、西桟橋が私が一番好きな場所。理由は以前ブログに書きましたが、もうひとつ、Walking under the moonlight。夜、月明かりの中を西桟橋への道を歩いた想い出は忘れられません。

竹富島の美しさを知ったのは、もうずーーーっと前にNHKで放映していた司馬遼太郎の「街道をゆく」シリーズ

次の年の友人との旅行は、迷うことなく沖縄・竹富島

司馬さんも宿泊した高那旅館に宿泊し、本の中にも登場した女将・高那ユキさんにもお会いしました。笑顔がかわいらしい、おばあちゃん。当時も高齢だったと記憶してますが、お元気なのでしょうか。。。

Img_0411

細かくくだけたサンゴの石が敷き詰められてた竹富島の白い道をまた歩きたいな。

そして、石垣島でまた潜りたい。DVDで海猿」を見てスキューバがやりたくなってきました。今年はたくさん潜りたい。

石垣島はすでに海開き。

沖縄の海は準備OK。さて、私はいつ沖縄に行こうか。。。いや、行けるのか。。。

|

« お彼岸草もち | トップページ | やわらか戦車、深夜の大笑い »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

25年前に竹富島に行った事があり、非常に懐かしゅうございます。とまったところも高那です。当時、高那はユースホステルも経営していて、貧乏学生だった私は、ユースホステルで泊まっていました。夜になると、三線のおとがどこからともなく聞こえてきました。本当に暑いのに、気持ちが涼みました。まあ、ユースでは、同室の人たちと泡盛のまわし飲みをやっていましたが。
コンドイビーチもとってもきれいで、当時は、小さい魚が噛み付いてくるのがおもしろく、素潜りでしたが、魚にずいぶん遊んでもらいました。すぐ目の前にウミヘビやウツボがいてドキッとしたり、シャコガイがすぐ目の前にあったり、驚きの連続。そういえば、高那の玄関脇にシャコガイがかざってあったような。すべてが驚きの連続でした。
いまでも、夏になると、思い出します。

投稿: howdi | 2007.03.29 00:16

howdiさん、こんばんは。
高那旅館に泊まられたのですね。確か建物が2棟あって、私はユースホステルではないほうに宿泊しました。
建物の外にゆんたくする場所があり、晩御飯を食べた後、そこで他に宿泊していたみなさんや宿の人と夜遅くまで話し込みました。
沖縄の離島の旅の魅力のひとつですね。

投稿: moonshiner | 2007.03.30 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/14304472

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄に行きたい:

« お彼岸草もち | トップページ | やわらか戦車、深夜の大笑い »