« RYDEEN 79/07 | トップページ | いま、私にできることから »

2007.02.05

この胸いっぱいの愛を

Konomuneippai_3 DISCASから贈られてきた「この胸いっぱいの愛を」を見ました。

同じ飛行機、席が近くに乗り合わせた乗客たちが、20年前の故郷の北九州・門司にタイムスリップしてしまう、というお話。

原作・梶尾真治「クロノス・ジョウンターの伝説」。

「黄泉がえり」のスタッフが贈る、未来からの黄泉がえり、というキャッチフレーズ。

「黄泉がえり」はTVで放映されたのを見て、いいお話だなぁと思っていたのと、伊藤くんが好きだったので期待して見たのですが、、、

なんか、入りこめたかったというか、ラスト近くまで淡々と見ていました。

ミムラが、タイトルの「この胸いっぱいの愛を」というセリフを言った時には、うるっときましたが。。。

淡々と見ながら、もしこの世を去る前にやり直したいことがあるとすれば、私はいったいどこに戻りたいだろう。いえ、戻ることになるのだろうと考えていました。

あの時ああしていたらその後の人生は変わっていたかもしれない、というテーマのお話はよくあって、先日読んだ重松清の「流星ワゴン」もそうでした。

違っているのは、「流星ワゴン」は戻った時点のやり直しがその後(=現在)に反映されないけれど、「この胸・・・」はやり直しがその後に反映されるところ。

あと、「流星ワゴン」は、主人公は結局は死なずに、厳しい現実に戻ってやり直すのだけれど、「この胸・・・」はもう既に飛行機事故で死んでいるところも違う。

で、私はどこに戻ってやり直したいだろう、と考えると、今の仕事を続けるか辞めて違うことをするか、というところかなぁ。でも、今思うと、そんなに深刻ではなかったような感じもする。。。

言いたくて言えなかった言葉はある。それはあまりにも私的な言葉なのでここには書けないけれども、それでその後の人生が変わったとは思えないし。。。

うーーーん、うまくまとまりません。ということで、不完全燃焼のまま、本日はこのへんで。

|

« RYDEEN 79/07 | トップページ | いま、私にできることから »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/13787476

この記事へのトラックバック一覧です: この胸いっぱいの愛を:

» 携帯使用で航空機が急傾斜=客室乗務員へのセクハラ多発−国交省 [スーパーサイヤ人]
航空機内で携帯電話を使用したため、飛行中に機体が急傾斜したり、高度がずれたりするトラブルが起きていたことが28日、国土交通省の調べで分かった。 現在は使用が認められる通信機能付き携帯ゲーム機の影響も懸念され、同省は今夏にも規制を強化する。客室乗務員へのセクハラも年間10件以上で、常習犯には機長が即時に禁止命令を出せるようにする方針だ。 ... [続きを読む]

受信: 2007.03.29 19:48

« RYDEEN 79/07 | トップページ | いま、私にできることから »