« キーワードは「イノベーション」 | トップページ | 闘争心に火がついた »

2007.01.07

筋肉痛。

Wiisports 遂に「WiiSports」にトライ。

はまってしまって<筋肉痛>です。

体がこれほど悲鳴を上げることは想定外でした。。。

だって、ゲーム機で筋肉痛なんて。。。

WiiSportsは、テニス、ベースボール、ボウリング、ゴルフ、ボクシングの5つのスポーツが体験できます。

テニスとボウリングにはまり、そして今、ボクシングにはまりつつあります。

体感型で本当に面白い!

なんていうのかな、自分の動作そのものがWiiSportsの中のMiiの動作になる。

力を入れれば強く打てるし、クロスをかければそのままボールがクロスに飛ぶ。

テニスはフォアとバックで左右に動いて振ったり、ボーリングもボールを投げる動作をする。

決まれば思わずガッツポーズをしてしまうし、勝てばすっごく嬉しい!

ゲーム機のプレイで、実際にプレイしたような爽快感が得られることに驚きました。

気付くと息が上がって、汗までかいていました。すごい運動量だったと思います。

スポーツクラブで、ジョギング代わりにルームランナーでトレーニングすることと、広義では同じかもしれません。

付属機能として、各スポーツの練習メニューと体力測定機能が付いています。体力測定は、DSLiteの「脳トレ」の脳年齢特定と同様に、スポーツテストをしてその結果の体力年齢が表示されます。

はじめ操作に慣れていなかったので、すごい年齢になってしまって落ち込みました。。。

また、各ゲームは勝ち具合によって熟練度があがっていくようになっていて、プロの熟練度は1000点。そこに達するのはまだまだですが、頑張りたいと思います。

今はデビューを待つ選手のような感じで自宅で一人プレイで練習ですが、友人を呼んでペアでプレイするのが今から非常に楽しみです。

|

« キーワードは「イノベーション」 | トップページ | 闘争心に火がついた »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/13335480

この記事へのトラックバック一覧です: 筋肉痛。:

« キーワードは「イノベーション」 | トップページ | 闘争心に火がついた »