« 金沢二十一世紀美術館 | トップページ | そうだ、京都行こう »

2006.10.10

3年越しの金沢・照葉

Img_42921_1金沢の旅、3回目は「飲み」。ワインバー・照葉(てるは)さんです。

ここも、3年前に「旅サラダ」で紹介されたお店。ひがしの茶屋街にあります。

3年前にインターネットで探した時にはあまりヒットしませんでしたが、その後知られるようになったらしく、今ではヒット件数が多くなっていました。

インターネットでちゃんと調べてから行ったにもかかわらず、入り口を間違えました。。。

下の画像正面の格子戸のような入り口。ここから中が見えると、思わずそこから入りたくなってしまうんですね。でもここは入り口ではないのです。

中から右、右、と言われて、そうだったと思い出し、右側の低い戸口から中に入ったのでした。

Img_4285

中は昔の茶屋のつくりをそのまま残しているとうことで、天井が低く奥に長いつくり。L字形の掘りごたつ式のカウンターになっています。10名入るといっぱいという感じ。

天井は漆塗り、かな。お店全体が落ち着いてしっとりした雰囲気です。

女将は元芸子さんで、ワインコーディネーターの資格も持っているという方。常連さんの話では、行動範囲が広く、語学の勉強のために3ヶ月間海外に行かれたこともあるとか。

話していると、女将さんの人柄が伝わってきます。ちゃきちゃきとしているけれど、ほわんとやわらかいのです。金沢の独特な話し方もあるのかもしれません。

Img_42861_1ワインは数十種類ある中で、食べたいお料理に合わせて白ワインをいただきました。

チーズやパスタはあるものの、お料理は家庭料理が中心。京都でいうおばんざい。

宿の朝食のオムレツに入っていた金時草も、こちらではじめて酢の物でいただきました。クセがあるとのことでしたが、そんなことは感じず、さっぱりしていて美味しかったです。ポリフェノールが多く含まれているのですって。

東京から金沢に単身赴任している男性、女将、お手伝いの女性と、「とり野菜みそ」の話題で盛り上がりました。金沢では有名な調味みそなのだそう。「まつや」で決まりだそうです。

白菜と鶏肉と入れてこれを入れて煮込んだものが非常に美味しいのですって。宿に帰って奥様にお話しすると、「美味しいですよ」と言っていました。

金沢のスーパーならばどこでも手に入るそうなのですが、残念ながら金沢はこの日が最後。女将が送ってくれると言ってくれたので、お言葉に甘えて送っていただくことにしました。

照葉さんでの女将を含め地元の人の交流。いい出会いをさせてもらいました。だから旅はやめられない。

金沢に行ったら、また照葉さんに行きたい、いえ、女将に会いに金沢・照葉さんに行きたい。なんか、ひいきの店を持ってしまったおじさまのような気持ちです。(笑)

|

« 金沢二十一世紀美術館 | トップページ | そうだ、京都行こう »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

moonshinerさん、こんばんは~
金沢、私が結婚してから2年ほど住んだ街です。
とり野菜みそ、私も大好きですよ。
うちは旦那が鶏肉嫌いなので豚肉でしますが、豚野菜みそもおいしいですよ。届いたら鶏だけじゃなく、豚肉でもお試しあれ♪

投稿: hisayo | 2006.10.10 20:35

hisayoさん、はじめまして。

いいところですね、金沢。
そして、人気のようですね>とり野菜みそ。
まだ届いていないのですが、届いたら、豚肉も試してみたいと思います。

投稿: moonshiner | 2006.10.13 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/12192217

この記事へのトラックバック一覧です: 3年越しの金沢・照葉:

« 金沢二十一世紀美術館 | トップページ | そうだ、京都行こう »