« 雲がある青空① | トップページ | 感動の秋・重松清「その日のまえに」 »

2006.10.23

イヤナユメヲミタ

嫌な夢を見ました。

二度寝して惰眠をむさぼったことが悪かったのでしょうか。。。

もう何年も前に亡くなった母方の祖母の夢です。私は、祖母を抱えて助けを求めているのだけれど、その助けが声にならない。

夢の中で声にならない叫びを発しているうちに目が覚めて、そして心がひどく騒ぎました。

でも朝はそのままにしておいて、夜実家に電話をしたら、母が脳外科にCTを撮りに行ったとのこと。

ここのところ頭がふわっとするような感じがして、係りつけの病院に紹介してもらい、念のため検査に行ったのだそうです。

検査の結果は異常なし、年齢的なものでしょうとのことで安心したのですが、こういうもの虫の知らせというのでしょうか。。。

急に心配になったので、免許の更新もあるし、今週末には実家に帰ろうと思っています。

Img_44961_1 これは、実家の近く、私が好きな景色です。

特に印象的な景色ではありませんが、私には、イギリスの田舎みたいなイメージなのです。

晴れの日よりも、こうして曇った日や雨の日の感じが好きです。

はじめてイギリスに行った時、この道は歩いたことがあると妙な既視感を感じました。

こうした既視感、デジャブーはそれまでも、その後も感じたことが無くて、私の前世はイギリス人だったと信じるひとつの根拠となっています。(笑)

そんな私がいまここにいるのは、般若心経によると、”無数の様々な原因と条件が寄り集まって、生まれる意味があったからこそ”なのだそうです。

とすれば、両親の子供として生まれたことも意味があること。

ひとつの胸騒ぎの夢をきっかけに、今更かもしれないけれど、その意味を考えてみたいと思います。

|

« 雲がある青空① | トップページ | 感動の秋・重松清「その日のまえに」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/12394904

この記事へのトラックバック一覧です: イヤナユメヲミタ:

« 雲がある青空① | トップページ | 感動の秋・重松清「その日のまえに」 »