« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006.09.28

シシリアンキス

Dscf0159久しぶりにテンプレートを変えました。これからの季節にピッタリなブラウン。そして、バーカウンターのタイトルイメージに惹かれて。

ということで、シシリアンキス。知ったのは江國香織の「神様のボート」。

「ママはシシリアンキスというカクテルをのんでいた。カクテルを作るのはパパの役目で、パパのつくるシシリアンキスは『倒れそうに甘くて病みつきになる味』だったそうだ。

グラスの液体はとろりとした琥珀色で、『午後の戸外の飲み物として、あんなに幸福なものはない』らしい。氷が日ざしをうけてみずみずときらめくのだそうだ。」 (「神様のボート」より)

これを読んでからというもの、シシリアンキスが飲んでみたくなって。。。

カクテルブックで調べても載っていなくて、Webで調べてやっとわかりました。

そしてはじめて頼んだのは、常宿としているウェスティン淡路のバー。バーテンダーさんがレシピを知らず、私が教えてあげてつくってもらいました。(メモしておいて、よかった。。。)

レシピはこんな感じ。

サザンコンフォート40ml、ディサローノ・アマレット20ml、そして氷。
オールドファッションドグラスに氷を入れ、材料を計ってグラスに流し込み、ビルド。それだけ。

きれいな琥珀色。江國さんの本のとおり、倒れそうに甘くて、だけどとてもしあわせな気持ちにさせてくれるカクテルでした。

友人がホームバーを持っていて、材料を買っていて、酔っ払って眠ってしまうまでヘラヘラしながら飲み続けたことが何度かあります。それもしあわせな思い出。

あの頃は江國香織にはまっていて、彼女の本に出てくる女性はだいたいお酒を飲んでいて、それを真似て飲んでいたことがありました。

お酒に関してはオクテの私。読んだ本や、連れて行ってくれる人たち、バーで出会った人たちから、いろんな経験をさせてもらっています。そういう積み重ねが人生を豊かにしてくれると信じています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.09.27

大好き、スフレケーキ

Img_40131大阪FLOURというお店の「madame Yoko」というスフレケーキです。

日曜日まで銀座三越に出店していたところを、美味しそうだったのでためしに買ってきました。

スフレケーキ、パフケーキ、大好きなのです。

以前ブログで書きましたが、実家近くの下野カスターが大好物です。

下野カスターはパフケーキですが、madame Yokoはスフレケーキ。パフケーキのほうが軽いです。

また、Img_40121下野カスターはカスタード+生クリームですが、madame Yokoは低脂肪クリームとクリームチーズとのことです。こちらのほうがクリームが軽くて、食べやすいです。

Webで検索したところ、多くの方が美味しいという記事を書いていて、納得です。

ところで、他の方々の画像を見ると、スフレの厚み、クリームの多さも私が食べたものよりもあるんですねぇ。

果たして、小さくなってしまったのかしら。。。もしそうならば、とっても残念な気持ちです。

オンラインショッピングもできうようです、また食べたくなったら頼んでみようかなぁと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.26

体が発する声に耳を傾けてみる

普段、肉は食べません。嫌いではないのですが、好んで食べもしない。

焼肉に行っても野菜ばかり食べている、安上がりな人です。

Img_40111しかし、本日のお客様先での仕事の帰りのランチ、肉と魚どちらを選ぶ?で肉を選んでいました。

本当に稀に、お肉が食べたくなるときがあります。この時がその稀なときでした。

このお料理、岩手豚の柳川、です。丸の内オアゾの「和食えん」で食しました。お味の濃さも丁度よく、美味しかったです。

お肉って本当に腹持ちがいいんですね。夜になっても全くお腹が空きません。普段食べなれていないから、消化するのに時間がかかっているのでしょうか。。。

ところで、何故お肉が食べたかったのか。

豚肉の栄養価は、そうビタミンB1です。スタミナのミナモトです。

普段食べないお肉を食べたかったのは、やはり疲れていたからなのかなぁ、と思う次第。最近の自分に、なんか納得感があります。

一方、むしょうにお野菜が食べたくなるときは、特に、緑のお野菜が食べたくなるときは、ビタミンAが足りないとき。青汁だって飲んでしまいます。

体は正直で、それは体だけではなくて、精神(心)とも切り離して考えることはできなくて。だから、心が疲れてくると、私の場合はお休み信号で熱が出ます。先々週の週末に熱が出たのも多分そうなのでしょう。

それを無視しないでちゃんと休んであげる。お肉が食べたくなったらちゃんと食べてあげる。

そうして、自分の体や心が発する声に耳を傾けて、うまーく生きていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.24

気持ちよくていねいに暮らしたい

Dscf01101すっかり秋。見上げたら空が高くて、そこにうろこ雲が気持ちよさそうに浮かんでいました。

週末はお彼岸で帰省する予定が、急に仕事が入ってしまいせわしく東京で過ごしたのですが、あの空を見ただけで、なんとなくしあわせな気持ちになりました。

朝出勤するときも、少し疲れてだるさを感じていたのだけれども、ふと見るとベビーカーから赤ちゃんの素足が見えていて。

それが、ちっさくて、ふっくらしていて、みずみずしくて、新しい感じがして、見ていてなごんでしまって、しあわせな気分になって、いい一日になりそうな感じがして。。

このふたつともごく身近でなーんてことないことなのだけれど、気の持ちようなんだなぁ、と思いますね。単純なんです、私は。

でもね、先週は突然が多くて予定していたことが全くできない1週間で参りました。

1割の余裕は残して計画を立てるのだけれども、1割以上、ほぼ100パーセントのpriorityの高い仕事が入ってしまうと、もう身動き取れなくなります。おかげで、先週はタクシー帰りもしてしまいました。。。

そうなると1つ1つの仕事がていねいにできなくなります。まぁ、このくらいでいいかと妥協して、qualityが落ちてくるんですね。いかんと思うのですが。。。

睡眠時間を削ってでも頑張る、という強い想いでお仕事していたときもあったけれど、息切れするんですね。

だから今は、息切れしないようにやり方の工夫はしているのだけれど、量が多い、他人に振れないとなるとどうしようもない。。。ふぅ。

さて、また新しい1週間が始まります。明日からの1週間は、気持ちよくていねいに過ごすことができる1週間でありますように。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.09.23

乗馬ブーツが欲しいのだけれど

ブーツは何本も持っているので、毎年、買おうかなどうしようかなと思っているうちに、売切れてしまったり、冬が過ぎてしまっています。

何本持っていてもいいのだけれど、キャパの問題があるので考えてしまうわけです。

乗馬ブーツというと、サルトルやベレットなど、有名どころはいくつかあります。

今年はサルトルのブーツが欲しいと思って買いに行ったのですが、そこで、乗馬ブーツに似たブーツは持っているよなぁと考えて、躊躇してしまうのです。サルトルのブーツは10万円くらいしますから。。。

長身ではない(かといって、そう低くいわけでもない)私には、やはりヒールが高いブーツのほうがバランスはいいのです。しかし、ベレットもサルトルもヒールは低め。

Img_40071ヒールが低いブーツは2年前に買ったコールハンのエアナイキコラボブーツとバッティングしてしまうんですね。

このコールハンのブーツ、とっても軽くて歩きやすくて、いくら歩いても疲れないのです。

黒で足の形に沿うやわらかい革なので、足もスッキリ見えます。

例えば今年流行のふんわり黒スカートをはいて、ドレスシャツなど着れば、カジュアルだけではなく、夜の遊びにも履いていけます。

Img_40081このブーツと正統派乗馬ブーツが全く違うことは分かっているのだけれども、本来ヒールが好きな自分には、ヒールが低い靴はそうそうたくさんは必要ないのです。

このコールハンのブーツが履けなくなるまで、いろいろ思い悩んでも、結局は買わないような感じがします。買うまで悩んでいることが、一番幸せな時間なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.22

花嫁は厄年ッ!・最終回

全話見ました。

「anego」以来好きな篠原さんと、昔から好きな岩下志麻さんの競演ということで見始めたのですが、結局全話見てしまいました。

お話としてはTBS的なホームドラマで、そのドタバタぶりに興ざめすることもありましたが、1話の中に必ずホロリとさせるシーンやセリフがありました。

篠原さん演じる明子(元カノ)が、岩下志麻さん演じるナイナイ・矢部ちゃん(元カレ)のお母さんを、「義母さん」と慕うシーンが好きだきでした。この絡みがあったからずっと見続けたのだと思います。

岩下さんは頑固で厳しい母親で、涙や自分の弱い・苦手な部分を絶対に見せない人。

だからこそ、ずっと絶縁状態になっていた矢部ちゃんとの誤解が解けて(誤解を解いたのは篠原さん)、ほっとして泣き崩れるシーンが感動的でした。

岩下さんの母親ぶりを見ているも好きで、その厳しさに、母親とはこうあるべきと思って見ていました。

私も叱って欲しい、叱られたいと思ったりして。。。

また、岩下さんの着物姿が美しかったですね。

着物を着て、すっと立っていて、その凛としたたたずまいが素敵だなぁと思いました。着物を着ても”洋風”になってしまう人がいますが、岩下さんはどこまでも”和風”。絣、浴衣、本当に素敵です。

そういうことも含めて、あぁ、こんなふうに歳をとっていきたい、と思った次第です。

そして肝心の<厄年>について。

「厄年なんだから」と認めてしまうことが一番ですね。そう思えば、何か悪いことがあったとしても、「厄年なんだから仕方ないか」と思って、気持ちはラクになると思うのです。

一方で、「あなたが厄年だからダメなのよ」と他の人からダメだしくらうと、これはかなりショックだったりして。。。

テンゴクとジゴクの気持ちはやはり、ヤクドシだからなのかしら、ね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.09.21

BULGAのバッグ

Img_40001今年の秋冬用に、ブルガのバッグを買いました。

雑誌「ヴァンティーン」で見て、一目惚れでした。

銀座三越に行ったところ、ブラウンとブラックはあるのですが、雑誌で見たピンクが見当たりません。

お店の人に聞いてみると、「先ほど売れてしまったんです。雑誌で紹介されると早いんですよ。」とのこと。

#ふーん、私のような人がたくさんいるのね。。。

他の色を試してみたのですが、バッグが大きいだけにブラウンとブラックは重い感じがします。

そこで、他店に無いか問い合わせてもらったところ、日本橋三越に1点あるとのこと。

早速お取り寄せしてもらい、私の手元にやってきたのが画像のバッグです。

Img_40031革がやわらかくて、内側も柄があってしゃれていて、そして、大きいけれども軽いんですね。

私がお店の人と話しをしているときも、次々とブルガコーナーを訪れる人がいて、私のピンクのバッグを指す人も。人気があるのだなぁ、と改めて思ったのでした。

またしても大きめバッグを買ってしまったのですが、お仕事に使うとなると、どうしてもA4サイズのクリアファイルが入るものを選んでしまいます。

今年流行のグレーの服にも合うお色ですし、何よりも冬に暗く重くならないところがいいです。これからガンガン使おうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.19

新橋小川軒のレーズンウィッチ

先週金曜日に会社を早退した際、お休み中の食べ物を買っておこうと、帰る途中にある銀座松屋に寄りました。

#松屋を出る頃には、歩くのも辛いくらいの状態になってましたが。。。

Img_4006その時、地下1階のスイーツ売り場で、見つけてしまったのです。新橋小川軒のレーズンウィッチの出張販売を。

大好物なので、荷物が増えることもいとわずに買ってしまいました。

年に1、2回、松屋に出張しているところを見かけるのですが、幸運なことに金曜日に遭遇。

10個入りで1050円、だったかな。松屋カード割引で買えるところも○。

レーズンバタークッキーというと、最も有名なのは、北海道の「マルセイバターサンド」でしょう。勿論、私も好きです。

私がマルセイよりもこちらが好みの理由は、こちら小川軒は、クッキーがサックリしていて軽いことと、バタークリームもマルセイほどバターバターせず、やはり軽いこと。レーズンもラム酒が効いて大人の味。

全体的に、マルセイよりも軽いところが気に入っています。

しかし、この小川軒。新橋にあって、18:00でお店が閉まってしまうことと、お勤め帰りのお父さんがよく買っていくそうで、夕方行くと売り切れのことが多く、なかなか買うことができないのです。そういうところも、私にとっては恋しいスイーツだったりします。

そうそう、今、松屋銀座では、かつてブログでご紹介した札幌煉瓦屋が9月限定で出店していて、「ふたくちーず」も売っていました。もちろん9月はじめに購入し、1箱食べて、もう1箱はフリーザーで凍らせております。

他にも好みのマーマレード店の出店もあり、銀座松屋の期間限定出店は、私にとってはポイント高いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.09.18

もう眠れない、、、

というくらい眠りました。

先週金曜日、おかしいなぁ、と思っていたら、やはり発熱。

会社の医務室で熱を測ったら、37.3度。午後、再び測ったら、37.8度と順調に上昇中。

このままでは家に帰ることさえままならなくなりそうだ、ということで、久々に会社を早退させていただき、この3連休は、自宅で、もう眠れない、というくらい眠って、療養いたしました。

熱は土曜日までは39度程あったのですが、日曜日夕方には37度まで下がり、フラフラしながらも起き上がれるようになった次第。

そしてこの時、寝不足だなんだと思っていても、私の場合、丸二日眠れば、眠るのが飽きてくるのだなぁと認識したのでした。(寝ている時間は至福の時間だけれども)

いつもは寝つきがよく、ベッドに入って直ぐに眠ってしまうのですが、さすがに、昨日の夜は目が冴えてしまい、なかなか眠れませんでした。どれだけの寝返りをうったことか。。。

そのうちに、「眠れないというのは辛いことだなぁ」と深刻に考えたり、「まぁ、丸二日寝たのだから、眠くなるまで目を覚ましていようか」なんて、仕舞いには眠る努力をあきらめたり。。。

でも寝るのは一番の薬のようで、まだ声や鼻の不調はあるものの、明日からのお仕事には問題なさそうです。

結果的には、久しぶりにのんびりと過ごすことができて、この3連休は充実していたのではないかと思っています。

今回の発熱は、「そんないっぱいやらなくてもいいよ。ここらへんでお休みしよう。」という、体のSOSだったのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.09.06

地デジがおうちにやってきた。

Img_39941_2マンションでケーブルテレビの東京ベイネットワーク」と契約したということで、 ケーブルテレビを通して地デジが見られるようになりました。

地デジ対応TVを購入したメリットをやっと享受できるようになりました。

D4端子に接続して見てみると、クッキリ、アザヤカ。本当に美しい!これがディジタルの威力なのか、と思いました。

これまでDVDをこのTVで見ていてDVD画像が綺麗だな、と思っていましたが、ハイビジョンはその比ぢゃないです。いや、参りました。

周りの人たちから、一度デジタルを見てしまったら、もう後戻りできないよと言われていましたが、それを身をもって感じております。

こうなると、ハードディスクレコーダ等々の録画機器が欲しくなります。

それも、今のメディアを引き継ぐためにも、VHS、HDD一体型のレコーダーがよいな、と。

そして、ケーブルテレビなので、地デジとともに多チャンネルもやってきました。

ひとまず1ヶ月のお試し、ということでチューナーを取り付けてもらったのですが、いいですねぇ。

音楽、旅、ニュース、映画、ドラマなどなど。総務省のロビーに多チャンネルモニタがあって、それを見ていたのを思い出しました。

アナログではなかなかできない、数時間ぶっ通しの番組も多いです。

週末、ミスチルの桜井さんと小林武史さんの呼びかけで開催された「ap bank fes ’05」を放映していました。

9月末には今年の模様が放映されるので、こちらも楽しみです。

とても楽しそうで、エコにも着目しているし、来年開催されたら是非行ってみたいと思ったのでした。

見るとすれば、夜中となってしまいすですが、とりあえず1ヶ月試してみて、今後も見そうであればこのまま契約しようかなぁと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.09.05

Septemberから。。。

9月。早くも、2006年度の折り返し地点です。会社活動としては、これから月末に向けて、非常に忙しくなります。

September。Earth Wind &Fireや竹内まりあの歌を思い出します。

Earth Wind & Fireの「September」。心地よくて、体が自然にリズムをとってしまう大好きな曲です。 

先日テレビを見ていたら、ガチャピンとムックがこの曲で踊っていました。とっても上手でビックリしてしまったくらい。。。

それで、、、急に思い出してしまったEarth Wind & Fire。

彼らの曲は、実家で兄のLP盤(懐かしい!)で聴いていたのでずっと遠ざかっていました。

それで、さてさてとAmazonでこの曲を検索するとベスト盤「Greatest Hits」がヒットしました。

リストを見るとベスト盤だけあって懐かしい曲たちがたくさん詰まっています。

ということで、他に欲しい本もあったので購入してしまいました。即決でした。(笑)

Dscf0116最近、定時過ぎに会社の売店に行くのに渡り廊下を通ると、本当に日が短くなったなぁと思うのです。

朝夕は涼しくなってきたし、湿度も下がってきて、秋なんだなぁ、としみじみ思う今日この頃。

まだ夏休みもとっていないのに。。。

とはいえ、Amazonで本もCDも購入したことだし、秋の夜長を楽しめそうです。

#お仕事の持ち帰りをしなければ、ね。。。

|

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »