« 丸ビルイベント | トップページ | 嫌悪するもの »

2006.05.21

ミュールというもの

本日は初夏を思わせる爽やかな良いお天気でした。

これから夏に向かって、女性はだんだんと薄着になり露出が増えます。

トップは薄手のカーディガンとキャミソール。ボトムはフレアースカート。そして靴は素足に低いミュール。その姿で、無防備に歩く女性が増えてきます。

私はこの、ミュールというものが苦手です。特に、2、3センチくらいのヒールを嫌悪しています。なんか、ちょっとそこまで風の<つっかけ>に見えて仕方がないんですね。。。

好みの問題といえばそれまでですが、なんだかだらしなく見えてしまうのです。

ミュールは、きちんと感を出して緊張して履いて欲しいと思うのです。同性として。。

だからヒールは7センチ以上。服装もカーディガンではなく、軽めのボレロのようなジャケットを。

そして、清潔感を持って履く。颯爽と歩く。

Img_36941_1苦手なミュールを、私は2足だけ持っています。両方とも数年前にMaxMaraで購入したものです。

ベージュの方が8cm、ブラウンの方は9cmヒール。

特にベージュの方は何でも合うので重宝してます。ブラウンのほうは、ベルトを踵にひっかけるとバックストラップのサンダルになります。

歩く時には親指に力を入れて踵がパカッとならないように歩きます。だから疲れます。。。

「伊達のなんとか」と言われてもいい。「無理しちゃって」と言われてもいい。それでも、かっこよくありたいのが私の美意識です。

|

« 丸ビルイベント | トップページ | 嫌悪するもの »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/10168508

この記事へのトラックバック一覧です: ミュールというもの:

« 丸ビルイベント | トップページ | 嫌悪するもの »