« チョコレートを買いに。。。 | トップページ | 厳寒の北海道・その1 »

2006.02.14

輪舞曲・5話

「輪舞曲」5話、今週もオンエアでしっかり見ました。

面白いのか面白くないのか、良いのか悪いのかわかりません。。

「母の愛」。どうして?という背景がしっかりと描かれていないので、父親が死んだ後の彼らの辛さや苦労がいまひとつ伝わってきませんでした。

それどころか、せっかくラブストーリーが動きだしたのにおあずけ。そして、お話しもまたまた発散してしまった感じがして、共感できませんでした。

どうやら、今週でなんとなく推測でき(チマチョゴリの結婚衣裳)、そして次週明らかになるショウ(琢己)の生い立ち(本当は韓国人らしい)がわかると理解できそうな予感はあるのですが。。

まだまだ謎々が多すぎて、すっきり見られないんですね。
シェンクーのモグラ、なぜヨンジュはユナに急に親切になったのか、そして今度はハッカー???

そして、登場人物が多すぎる。だから、龍吾、琴美、あきらたちが活きてこない。ブチンブチンと切れてしまっているような感じがします。

ラブストーリーならばそれに焦点を当てて、ダークサイドは絡むだけにする。逆に復讐がメインテーマならば逆にする、とかしないと、謎が多い、人が多い、画面が暗い、などなど見ている人が疲れてしまうのではないかな、と思うのです。

一方の出演者はみんないい。竹野内さん、ジウさん。今回初めてクローズアップされた母親役の吹雪ジュンさん、幼なじみの木村佳乃さん。だけど、それが活かせていない。もったいないと強く思ってしまった回でした。

|

« チョコレートを買いに。。。 | トップページ | 厳寒の北海道・その1 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/8631409

この記事へのトラックバック一覧です: 輪舞曲・5話:

« チョコレートを買いに。。。 | トップページ | 厳寒の北海道・その1 »