« 心配、小澤征爾さん | トップページ | アンリ・マティス「ダンス」 »

2006.02.04

フレグランス

香水のお話しです。先日電車の中ですごい強い香りがしたんですね。暖房が効いた社内で、強い白檀の香り。思わず、歯のすきまから呼吸しました。苦しかった。。。

hiris私もつけますが、香水ではなくてオードトワレを使っています。

エルメスのイリスランバンのアルページュブルガリのオパフメエクストレームなど。。その日の気分で使っています。

イリス。アイリスの香りが爽やかな気持ちにしてくれます。私は、体温になじんだあまやかなエンドノートの香りが特に好きです。

arpageアルページュ。トップノートのライラックのやわらかな香りが優しい気分にしてくれます。この香りをつけていると、よく、「シャンプーの香りがする」と言われます。

オパフメエクストレーム。グリーンティ、シトラス、ジャスミンのとても爽やか系な香り。

共通しているのは、甘すぎない爽やかで優しい香り。

初めての香りはディオールのディオリッシモでした。それからいくつかの香りを経て今に至るのですが、白檀系の香りは使ったことがありません。自身、濃い女ではないので、濃い香りもダメなんですね。

友人が一時期N。5をつけていたのですが、この香りも濃くて、しかも、香水だからなかなか消えてくれなくて、一緒に車に乗ったときなど、辛くて辛くて。。

香りって非常に個人的なもの。それをつけることで自分がいい気持ちになるのはいいけれど、つけすぎて、周りの人たちに不快感を与えないよう気をつけたいと思っています。

|

« 心配、小澤征爾さん | トップページ | アンリ・マティス「ダンス」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/8196897

この記事へのトラックバック一覧です: フレグランス:

« 心配、小澤征爾さん | トップページ | アンリ・マティス「ダンス」 »