« 厳寒の北海道・その2 | トップページ | 輪舞曲・6話 »

2006.02.22

厳寒の北海道・その3

翌日、陸別町を発ち、ふるさと銀河線の終点である北見を目指しました。

IMG_3029お昼に発つ予定でしたが、特にすることもなかったので、8:43の電車に飛び乗りました。

電車は雪の中を行く。1両編制の一番前に立ち、雪に覆われたレースを飽きずに見ていました。

IMG_3043今日も車窓は一面の銀世界。目を凝らしてみていると、動物のものと思われる足跡が。。 車窓に動物を見たことはないですが、森の中にはきっといろんな動物が住んでいるのでしょうね。

IMG_3089 雪の中に民家を見つけると、こんな雪の中に住むということは、一体どんなものなのだろうと思わずにいられません。

土曜日早朝の銀河線は、地元の人が1/3程度。昨日の電車も旅行者が多かった。1両編制の電車でこうなのだから、鉄道を存続させることは困難だったということが分かります。4月に廃線も仕方なしなのかな。。

IMG_3177 そして北見に到着。ここは薄荷(ハッカ)が有名な町。

しばらく町を歩いてから、女満別空港へ。ここからセスナで空から流氷を見る予定でした。

しかし、、、この日は風が強く、風で流氷も沖に行ってしまい、残念ながら見ることができませんでした。必ず見られるわけではないことを、この時はじめて知りました。楽しみにしていたのに残念!また次、トライしたいと思います。

|

« 厳寒の北海道・その2 | トップページ | 輪舞曲・6話 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

遅ればせながら。。。
私も3年程前のちょうど今頃、女満別から網走~知床に行ってきましたよ。
当時は流氷の当たり年で、流氷というより海全部がカチンコチンに凍ってました。。。
流氷を観に行く船も、あまりの凍りの多さに港から外に出れず、港の中をグルグルまわって終わっちゃいましたね。
それでも十分刺激的でした。
今では知床で流氷をみながらキャンプするのがブームなんだとか。
防寒対策はどうしてるんでしょうね??

投稿: HR-Miller | 2006.03.01 07:22

こんばんは。

流氷船って、流氷を砕きながら進むみたいですね。
それでも進めないというのは、かなり厚い氷だったのでしょう。
流氷の上に立つこともできるとか。
怖いけれど、一度経験してみたいです。

> 今では知床で流氷をみながらキャンプするのがブームなんだとか。
寒そうですね。。寒がりの私はパスかなぁ(><)

投稿: moonshiner | 2006.03.04 20:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/8777490

この記事へのトラックバック一覧です: 厳寒の北海道・その3:

« 厳寒の北海道・その2 | トップページ | 輪舞曲・6話 »