« mikuniの「戌年のエクレア」 | トップページ | 懐かしの人形劇 »

2006.01.05

里見八犬伝

犬の話題が続きます。

top_titleお正月に見た唯一のドラマがTBSの「里見八犬伝」。戌年ゆえのドラマですね。

小学校かもっとその前にNHKの人形劇で見た記憶があります。なーんとなく記憶にあるだけで、ストーリーも覚えていませんでした。

お正月に相応しく、完全なる勧善懲悪のお話。長編がうまくまとまっていてスピーディに展開して飽きませんでした。映像は、中国ロケの草原の緑の美しさとスケール感、そしてCGの美しさ。そして、ワダエミがデザインした衣装も美しい。

そして、悪役の俳優さんたちの楽しそうなこと。玉梓役の菅野美穂は凄みがあったし、武田鉄也も笑っちゃうくらい思いっきりの悪役。

「義経」は見ていなかったので、滝沢くんの武者役を見るのははじめてでしたが、アクションも絵になっていたし、よかったと思います。伏姫役の仲間由紀恵は美しいのですが、仲間さんの場合、声に特長があってそれが時々ひっかかるのです。「ごくせん」ではあまり気にならなかったのですが、今回はちょっと。。

さて、ストーリーの確認のため滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」をgoogleで検索してみました。いくつか読んでみたのですが(長いので時間がかかりました・・)、あらすじを読んで、伏姫が何故犬の子をはらむかが分かりました。テレビではその経緯が省略されていて、いまひとつ分かり難かったのです。

しかし、面白いですね。日本を代表する冒険物語と言ってもいいのではないでしょうか。ロールプレイングゲームにもなりそう。原作を読んでみたくなりました。

最後に、ドラマを見ていて馬に乗りたくなりました。今年は乗馬かな。暖かくなったら、どこかに一日講習に行って来ようかな、などと企んでいます。

|

« mikuniの「戌年のエクレア」 | トップページ | 懐かしの人形劇 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/7998119

この記事へのトラックバック一覧です: 里見八犬伝:

« mikuniの「戌年のエクレア」 | トップページ | 懐かしの人形劇 »