« コンセールのマーマレード | トップページ | 心配、小澤征爾さん »

2006.01.31

輪舞曲・3話

はじめからからヘビーな展開。冒頭で1人死に、ラストで1人死んで。。3話までに、両手が必要なほどの人が死んでいます。最終回までに一体何人の人が死ぬのでしょうか。。

マフィアのボスである杉浦直樹のセリフに、「死はそこにあるんだよ、そこに」という言葉がありましたが。。非情。。

ラブストーリーと宣伝していた割りには、今のところダークサイドの話が多くて、TBSの公式HPも賛否両論のようです。

制作も、俳優も、脚本も頑張っている、それなのにどうしてなんでしょうね。つまらないと竹野内さんの作品でも途中でリタイアする私がちゃんと見ているのに。。。

ターゲットに向けての戦略、時間帯を間違ったのかしら。

日曜の夜に、暗い凝った映像、よく人が死ぬ、音楽もクセがある。万人受けはしないでしょう。だから、好みが分かれるのは仕方ない。

そして、竹野内さんとジウさんのラブストーリーと思っていたひとたち(メインのファン層)の期待に応えられていないのでしょうね、今のところ。

でも、今回も引き込まれるシーンがたくさんあって、私は面白かったと思うのです。

伊崎刑事とショウ、そして二人のPC画面という画面4分割、それをセリフ無し、キー入力だけで表した緊張感。また、シェンクーのサーバ室でショウが組織のデータにアクセスしようとして追い詰められる緊張感。

ラストの竹野内さんとジウさんのなんともいえないせつない場面。

めりはりあるし、ストーリーも動いているし、全体的にいいと思うんだけどなぁ。。

|

« コンセールのマーマレード | トップページ | 心配、小澤征爾さん »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

初めて聞いたのですが、本当に1話短縮ですか?
公式の何処に書いてありますか?

投稿: あい | 2006.01.31 13:11

スタート前に台本出来てるはずなんですが・・
最初から11回のはずです。
どこでご覧になったのでしょう?

投稿: pip | 2006.01.31 15:05

> pipさま、あいさま

こんばんは。はじめまして。
ごめんなさい!
私のハヤトチリでした。
BBSの中に「1話短縮」という記述があり、それを輪舞曲のことだと思ってしまいました。
よーく読んだら、違うドラマのことでした。
心配かけてごめんなさい。m(_)m
ブログの文章も修正しました。
制作の方々にも大変失礼なことを言ってしまいました。重ねて、ゴメンナサイ。
でも、私は気に入っているのです。>輪舞曲

投稿: moonshiner | 2006.01.31 21:01

私も慌ててしまって、初めての書き込みなのに
冷たい書きこみになってしまって
すいませんでした。
まだ、始まって間が無いのに、もう
打ち切りなのかと。大好きな竹野内さんのドラマなだけに、このように事、書いた事無かったのですが、つい、気になってしまい書いてしまいました。楽しみにいつも見させて頂いています。
これからも、頑張ってくださいね。

投稿: あい | 2006.01.31 23:19

3話をDVDで録画するも、誤って消去。
しかなたく、ビデオリリースしたら
じっくり見ます。

投稿: 1984 | 2006.02.04 09:28

1984さん、こんばんは。
> 3話をDVDで録画するも、誤って消去。
2話続けてですか、残念でしたね。
4話はちゃんと見られますように!

投稿: moonshiner | 2006.02.05 00:14

2話抜いて、わかるか不安。

投稿: 1984 | 2006.02.05 08:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/8406479

この記事へのトラックバック一覧です: 輪舞曲・3話:

« コンセールのマーマレード | トップページ | 心配、小澤征爾さん »